JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

返信ありがとうございました。 ワクチンの副作用でないことはよくわかりました 愛犬は仔犬のときから吐く動作は度々ありました。

解決済みの質問:

返信ありがとうございました。
ワクチンの副作用でないことはよくわかりました
愛犬は仔犬のときから吐く動作は度々ありました。 ずっと、庭で飼っているので確認したことはありませんが、昆虫類など食しているかも知れません。それが原因で唾液腺に影響とかあるのでしょうか。

それとおできらしきものは上顎の奥歯のちょうど後ろあたりです。上顎の色は黒褐色ですがおできは濃いピンク色です。 扁桃腺とか歯茎ではありませんが大きさき2㎝ほどです。

お手数ですがご回答を宜しくお願いします
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
場所的には唾液腺や扁桃腺ではないようです。
やはり歯茎あるいは硬口蓋にできた何かしらの出来物のようです。
可能性として高いのは、やはり一番は炎症ではないかと思います。
しかも炎症で、限局して盛り上がるとなると何かが刺さったあるいは刺されたということになると思います。
場所的には無鎮静で精査するのは難しいと思いますが、早めに病院で 見ていただいた方がいいと思います。
それ以外には腫瘍の可能性もゼロではありませんが、それくらい若い子であれば可能性はかなり低いと思います。

また、昆虫を食べて唾液腺に影響するということはあまりありませんが、吐くことはあると思います。
寄生虫感染の原因になることもありますし、嘔吐の原因にもなりますのであまり食べさせない方が無難かと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問