JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

4 1

解決済みの質問:

4歳1ヶ月のソマリ(ショートヘア)の血尿についておたずねします。よろしくお願い致します。
まず、この猫の性別ですがいわゆる半陰陽で す。かかりつけ医の意見ですと、オスになりきれなかった個体のようです。
 ・ペニスなし。メスの尿道出口付近に尿道出口があるが、メスのように閉じてはおらず出口が開口気味
 ・精巣あり。生後8カ月にて去勢手術実施。その後検査し、無精子と判明
 ・子宮の有無、膣の有無は不明
 ・大病の病歴なし
 ・ただ、これまでも年に一度程度尿検査で血尿が見られ、いつのまにか
  おさまることを繰り返している。(尿検査は約半年ごとに実施)
  このタイミングで見つかるだけであり、頻度は高いかもしれない。
  いつの間にか収まる、というのは、軽度の膀胱炎と見て投薬を受け、
  その次の検査では血尿がなくなっている、ということ。  

今年9月、定期的に実施している尿検査で+++の血尿でした。目視でわかる血尿でしたが、頻尿その他の異常はなく、食欲、元気ともに正常です。
今回も軽度の膀胱炎を疑い5日間の抗生物質を投与しましたが、1週間後の再検査で変わらず血尿+++でした。
かかりつけ医は、血尿以外の症状がないため抗生物質投与を続けることには抵抗があるとのことで、1ヶ月の経過観察を指示されました。
1ヶ月間、異常が見られなかったため1ヶ月後に再度尿検査を受けました。
その際の結果は、
 ・血尿はマイナス ただし、
 ・PH8.0、白血球+
ということで、どこかに炎症がある疑いを指摘されました。

メスであれば膣炎などを疑うが、膣の有無も不明のためなんとも言えない、との
ことでした。
尿道出口が開口しているため、雑菌を拾いやすく炎症を起こしていると考えるのが、
感が得やすい、とのことでした。

その後も、毎日の生活で健康に異常と思われる症状は見られません。
3ヶ月後に尿検査をする予定でおります。
ただし、どこにあるのかわからない炎症が気になっております。
かかりつけ医はいわゆる家庭医で、重篤な場合は専門医を紹介してくださる方ですが、
明らかに不健康と思われるその他の症状がまったくないため、今回はそれには
及ばないとの見解です。

主治医を信頼しておりますが、ふつうの身体ではない猫であるため、どうしてやるのが
よいのかわからず、心配いたしております。
このまま経過観察を続けて問題ないとお考えでしょうか。
なにかすべき検査などがございますでしょうか。
ご教示いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
尿道の形態や膣の有無を調べるためには尿道カテーテルや尿道造影検査をされるのがいいのではないかと思います。
正直言わせてもらいますと、半陰陽の子にそのような検査をしたことは経験としてはないのですが、理屈としては
尿の出口からカテーテルがすんなり入り、尿道が比較的長いのなら外尿道口=内尿道口になり、膣はないことになります。
つまりペニスの形はないが尿道の形は男の子ということになります。

逆に、出口からすんなりカテーテルが入らない場合は外尿道口と内尿道口が別々にある可能性が高く、膣が存在するということになります。
出口から少し尿路造影剤をいれてレントゲンを取ると、少し広めの膣がわかるかもしれません。

また治療としては今までの抗生剤を少し変えることや軽い抗炎症薬を飲ませて反応を目てもいいかもしれません。
ただし、他に症状がないのであれば白血球+というのはそれほど重症ではないのでもう少し様子をみてもいいかもしれません。
質問者: 返答済み 6 年 前.

Javavet様

 

速やかなご回答をありがとうございました。

もう少々ご意見をお伺いしてよろしいでしょうか。

 

カテーテルについてですが、猫本人にはどのくらいの身体的負担が

かかるのでしょうか。全身麻酔の上の検査でしょうから、現状で

わざわざそこまですべきなのか考えてしまいます。

 

ただし、検査した方がいいのでは、と思う部分もあります。

現在は重症ではないので経過観察で充分 かもしれませんが、

将来的にどのような病気になるのかわからないので、若く健康な

うちに、身体構造を把握しておいた方がよいのかもしれないとも

考えます。

 

炎症についても、若く元気なうちは原因は何であれ身体的に対抗する

力があるでしょうが、シニア年齢になってからもこの炎症が繰り返したら、

それが原因で重篤な状態を引き起こしやすくなったりしないだろうか、などを

心配しております。

 

話が多少とりとめなくなりましたが、ご意見をいただきたい点は、

 ・若いうちのカテーテル検査を推奨するか

  目的は身体構造の把握です。

 ・いまの炎症に対して、積極的治療(第一の回答で戴いたような)を

  すすめるか

です。

戴いたご意見を参考に、主治医と相談したいと考えております。

 

よろしくお願いいたします。

 

専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
カテーテルは無麻酔でできますよ。
よっぽど暴れない限りは、男の子であれば普段の採尿のた めにカテーテルをいれたりすることも良くあります。

ただし、女の子ではおそらくカテーテルを挿入するのが困難ですのでその場合は造影剤を外尿道口からいれて膣の存在を確認するという方法でいいのではないかと思います。
これもよっぽど暴れなければ無麻酔です。

ですのでよっぽど暴れなければデメリットが少ないのでカテーテルでどういう構造になっているか、見ておいた方がいいのでらないかと思います。

炎症は微妙なところがありますが、それほど強い薬ではないのでやってみてはどうかと思います。
効果がかるかどうかはわかりませんが、炎症があるならやはり抑えておいた方がいいと思うので。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問