JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

12

解決済みの質問:

12歳のメス猫 室内飼いです。外野には一切出ません。 呼吸が荒いのでおかしいと思い診察を受けました。
レントゲン診断の結 果 肺気胸と診断されました。 初診で250ccの空気を針でとってもらい3日通院輸液点滴をおこないました。
少し肺炎状態の肺の状態でもあり抗生剤を投与。 
1週間経過を見て再診、の予定が容態(呼吸)が苦しそうなので1日早診察していただき 点滴をして空気をとっていただき(120cc)帰宅 翌日に再診ここでまた110cc空気を抜いたようです。 

2日・・・約18時間のうちに200ccこんな状態.
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
外に出ないということなので、おそらくは体の外から空気が入るのではなく、肺の一部が破れて気胸になっているのだと思います。
その場合の猫ちゃんの気胸は基本的には空気を抜きながら、その破れた部分が治っていくのを待つしかありません。

ただ現在呼吸困難や咳がある場合はそれによって肺を 使いすぎてなかなか治らないケースもありますので、その場合は入院して安静にしながら酸素室に入るというのも方法の一つかもしれません。

おそらく外科的にそのあいている穴を閉じるというのは難しいのではないかと思います。

一度大きな病院にセカンドオピニオンを聞きに行かれるのもいいかもしれません。
質問者: 返答済み 6 年 前.

気胸と診断は分かっていましたが、溜まった空気を抜く頻度が問題になると思いますが呼吸の状態の経過を見ながらでも問題は無いのでしょうか?通院にもいろいろな負担がかかります。

 

専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
気胸の説明をさせていただいたのは、もし気胸でも外傷性のものであれば、治療方法が変わってきますので、説明させていただきました。

ある程度たまっていても呼吸がの状態が悪くなければ抜かなくてもいいです。
病院へ行くことでストレスがかかる子であればそれで余計はぁはぁして呼吸に負担をかけますので。

ただ、今の治療をしていてもたまってしまう量や頻度が低下してこないのであれば、酸素室などできる限り肺に負担をかけずに治癒を促進する方法を考えないといけないと思います。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問