JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

13 4

質問者の質問

ネコ(チンチラ) 13才6ヶ月、9月頃より食欲不振、口内に炎症あり。5日から1週間間隔程(4回)でステロイド剤注射しても大きな改善見られず、 4日程前から摂食ほぼなし、 血 液検査では特に異常はなし。口腔内の診察には鎮静剤か麻酔が必要だが状態が良くないので今後はステロイド剤を毎日注射し様子をみてはとの事、 また血液検査で異常がなくとも他に原因があるかも知れないとの事。昨年2.75㎏が現在2.2㌔に減少。 このままだと栄養は胃ろうか鼻からチューブを入れて栄養補給?  間隔をおいてのステロイド注射と抗生物質(内服、2回で中止)で改善が見られず困っています。 リスクを承知で鎮静剤を打ってもらい口腔内を見て貰うべきかどうか悩んでいます。また昨年、眼と鼻の間に上皮の過形成(腺の拡張)があり摘出しており、今も同じような腫れ物?が眼の下に出来ております。 ご診断よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
老齢の猫さんの口内炎は、歯石が原因になることがとても多く、麻酔をかけてでないと奥歯はなかなか見ることができません。特に奥歯の歯石は石のようにこびりついていることが多く、抜歯をしたほうがよ いことがあります。抜歯をすることで、歯肉の赤みなどはだんだんひいてきますので、抜歯は有効だと思います。
麻酔のリスクはありますが、老齢の子に毎日ステロイドを使うよりは、よっぽど負担は少ないと思います。
麻酔をかける前にしっかり血液検査をしてもらい、腎臓などに大きな異常がなければ、麻酔をかけてみてもらうべきだと思います。
麻酔をかければ、気になられているできものもとることができますし、いいと思います。
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
少し追加の意見を書かせていただこうと思います。
基本的には上の先生と同意見です。
ただし、麻酔をかける前に電解質のチェックをされることを強くお勧めします。 2.2kgという体重は小柄な体の子でもかなりやせているのだと思います。
さらに食欲不振が続いているということなので、体の中のカリウム(K)が不足している可能性がありま す。
これが不足すると腸が動かず、治療していても食欲が上がらないことがあります。
これを点滴で補充することで食欲が増すことがあります。
また、低カリウムの状態での麻酔もリスクが出てきます。
通常の血液検査では電解質のチェックをしないことも多いので、少し追加させてもらいました。
もしそれらに異常がなくても、麻酔前に半日は点滴をしておいた方がいいと思います。 歯周歯肉炎に抜歯が有効なことが多いのは同意見です。
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医師
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問