JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

宜しくお願いします。 犬のサプリメントと今後の治療について・・・ 8歳のフレンチブルドッグを飼っています

解決済みの質問:

宜しくお願いします。

犬のサプリメントと今後の治療について・・・

8歳のフレンチブルドッグを飼っています。
先日子宮水腫の為手術をしたのですが、その手術の1ヶ月程前より、下痢(水のような)続いており、
手術の時見て頂いたら、小腸から大腸にかけて腫瘍のような物があり、取り除くのは盲腸も取らなければ
いけないので様子を見るということになりました。

病理結果は、{卵巣}嚢胞状線 癌(低悪性度)顆粒細胞腫
      {小腸}肉芽腫性炎症 腫瘍細胞は認められない

とのことでした。

手術5日後、体調を崩し、お水もフードも食べなくなり、血管から点滴を5日間(3~4日目には回復してましたが)とステロイド注射で回復しました。

その後ステロイドの注射はお薬で、1日1錠飲ましてました。

今はフードは全て手作りで、玄米中心に魚、鶏肉、野菜など入れていますが、全く消化出来ず、
膵外分泌不全かもということで酵素を出すお薬を処方してもらいました。
それと同時にステロイドは一旦休止しました。
体重も手術前は12kgありましたが、今は10kg(1ヶ月ほどで)になりました。
今血液を検査に出してもらってます(アメリカに送るので時間がかかるみたいで)

質問はサプリを飲ませたいのですが、
一番飲ませたいサプリは人間用の物しかなく飲ませても大丈夫でしょうか???

・第4分子糖鎖アラビノキシラン
・万田酵素
・しいたけ菌糸体

また、下記のサプリでこの子に合うものはどれでしょうか?下記以外でもお勧めがあれば
教えて下さい。。。

・第4分子糖鎖アラビノキシラン
・万田酵素
・しいたけ菌糸体
・センダン
・リンパクトデリタブ
・イペット
・パンフェノン
・フコインダン

そして今後の治療についてもどのように進めていけばよいでしょうか?

1日でも元気で一緒に居たいので宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
ここにのっているサプリメントの使用経験がありませんが、回答がないようなので答えさせていただきます。
個々のものというより、一般的な話と少しここに乗っているサプリメントについて調べさせていただいてお話しさせていただきます。

まず、腸の肉芽腫性炎症というのはIBD(炎症性腸疾患)の一種の 形態で、治療法はIBDの一般的な治療を行います。
IBDの治療は
1.免疫抑制剤などの内服薬治療
2.アレルギーに対する食事による治療
が2本柱になります

1に関しては今使われているステロイド以外に免疫抑制剤(シクロスポリンなど)や抗生剤を使うことも多いです。
この病気の原因は腸内環境の変化とそれに対する免疫反応ですので、その環境を整えるという意味で抗生剤を使ったり、免疫反応を抑える意味で免疫抑制剤を使います。

2はこの病気にアレルギー反応がかかわっているといわれていますので食事をアレルギー食にするなどで少しでもアレルギー反応を抑えることを目的としています。


サプリメントに関してなんですが、僕が調べたところ一番合いそうなのはパンフェノンというサプリメントかなと思います。
使用経験がないので経験をもとにお勧めすることはできませんが、このサプリメントは免疫調整作用がありますので、病気の治療に一番かなっているのではないかと思います。
それ以外にはマイトマックス(酵母菌)やビオフェルミンなどのプロバイオティクスはいいと思います、僕もIBDの患者さんに使うことがあります。
それ以外にあげられていたサプリメントも効能的には悪くはないと思いますが、ひとつ頭に入れておいてほしいのが、IBDはアレルギー反応が関係することがありますので、あまり色々なサプリメントを試すと、それに対するアレルギーが出る可能性もありますので、あまりむやみには使わない方がいいと思います(特に安売りされているサプリメントには不純物も多いので注意が必要です)

最後にIBDは完治する病気ではありませんので、薬の原料はできるかもしれませんが、おそらく今後もお薬を飲ませていく必要があると思います。
膵外分泌不全が一緒に存在している場合は酵素を飲ませることでかなり消化状態が良くなるかもしれませんので、膵外分泌不全の検査結果も非常に重要になります。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問