JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

9歳5ヵ月のポメラニアン(オス)です。今年の8月、喉に何か引っかかった物を吐く様な感じの動作を(毛玉を吐く感じの動作

質問者の質問

9歳5ヵ月のポメラニアン(オス)です。今年の8月、喉に何か引っかかった物を吐く様な感じの動作を(毛玉を吐く感じの動作です。)一日中くりかえしました。その動作以外は食欲、便、おしっこ普通です。その症状は一日でおさまりましたが、又、今日の朝から同じ動作をして、ゲェゲェと喉を鳴らしています。食欲は変わらず、様子もつらそうではないんですが・・・。ずっと、おぇっとし続けるわけでは無く、たまにです。2時間位は治まっていますが・・・。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
その症状の場合、喉 から気管にかけての部分でなんらかの異常を起こしている可能性が有ります。

よくあるのが、喉頭炎や気管、気管支炎ですが収まっていて時々なるということを考えると気管虚脱(気管が少し物理的に弱く、呼吸によってつぶれて細くなってしまう病気)や軟口蓋過長症(喉のびらびらが少し長い)といったものも考えられます。

オエオエがつづくと悪化しますし、年齢的にも心臓や関節など、その他の部分でも病気が出てくる歳ですので一度健康診断をかねて診察を受けられておいたほうがいいのではないかと思います。
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医師
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

治療法としては手術になるのでしょうか?

質問者: 返答済み 6 年 前.
治療法としては手術になるのでしょうか?
質問者: 返答済み 6 年 前.
治療法としては手術になるのでしょうか?
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
原因によります。

気管虚脱であれば手術はかなり難しいので、内科治療になります。
軟口蓋過長症は手術することもありますし、ひどくない場合は様子を見ることもあります。
喉頭炎などの炎症も内科治療になります。

専門家:  wantaro 返答済み 6 年 前.
はじめまして、

japavet先生には申し訳ありませんが途中から失礼します。

気管虚脱について意見が違うので飼主さまに申しあげます。

治療方法ですが最近では適応であれば気管ステントという人工物を気管に入れて
気管を広げる手術方法もあります。全ての犬にできる訳ではありませんが
2次診療の病院ではそれなりに適応症例では好成績を上げているようにみうけられます。
私も何例か行ってよくなったのをみています。

知る限りですが関東近辺の大学などでは行われているようですので、気管虚脱があればそういう治療方法があることも頭に入れておいてください。

ちなみにややワンちゃんが高齢ですが、高齢だから麻酔は出来ないので
内科治療しかできませんということはありません。
検査をしてリスク評価の上で行える可能性が高いとなれば何歳でも手術や麻酔は
可能です。

ペット についての関連する質問