JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

6 18 WPC12900 GPT40

解決済みの質問:

6月18日 ここ最近、すごく元気がなく、動物病院へ
       血液検査をした結果、WPC12900・GPT404・ALP274という値で、注射を打ち、飲み 薬(液体と錠剤)
       処方してもらいました。10日置きに検査をしても、なかなか値が下がらず、
9月10日現在 WBC14600  GPT120 T-cho237 でした。

そして、9月26日、頭をかきむしり、出血し、脱毛が激しかったため、医師に相談したところ、血液検査をした後、注射を打ち、液体の抗生剤をもらい、現在飲んでいる、肝臓用の薬を夜、抗生剤用を朝飲むようにしじされました。

①もう、三ヶ月が経過しますが、こんなに治らないものでしょうか?

脱毛に関しては、昨年末、引越ししたこと、あまり相手をしていないことによる、ストレスではないかと思っていますが、②例えば、留守の時の寂しさを紛らわせるため、もう1匹飼うという手立てはよいでしょうか?

2点について、よろしくお願いもうしあげます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
まず肝臓の数値ですが原因次第です。
血液検査以外に検査をしていないのでしょうか?
血液検査では確かにGPTが高く肝臓に何らかのダメージがあるのはわかりますが、それがどこから来ているのかはわかりません。
肝炎、胆管炎、胆のう炎、肝膿瘍、肝腫瘍…。
かなり様々な可能性があります。
3 カ月たってまだ多少高い状態ですので、おそらく慢性肝炎があるのではないかと思いますが、慢性肝炎の状態にあるとは思いますが、肝臓の超音波検査は行っておいた方がいいのではないかと思います。
治療方法が変わる可能性があります。

そして猫ちゃんの場合は二匹目を飼うというのは、賭けになってしまいます。
1匹増えたらストレスによって体調を崩したとか、マーキングをするようになったという話はよく聞きます。
逆にストレスがたまる原因になりかねませんので僕はあまりお勧めしません。
できるだけかまってあげる方がいいのではないでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

検査は、血液検査しかしていません。

頭をかいて真っ赤になった時は、セロテープみたいなもので、毛が抜けている部分をペタペタと何回か取って、顕微鏡で見ましたが、何も言わずに、注射されました。

実は、今、通っている動物病院の先生が、大変口数が少なく、こちらが聞かないと、何の注射かも教えてくれない状況で・・・・私も、「それ何ですか?」ってなかなか聞きづらく・・・

引越しして、遠くなったので、これを機会に、別の病院に変えてみようかと思っているのですが、そこで、今までの経緯を説明し、肝臓の超音波検査をしてくださいと伝えればよいのでしょうか?

 

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
僕の個人的な意見ですが、飼い主さんがコミュニケーションを取りにくいと感じているなら病院を変えた方がいいです。
そして肝臓の数値が高い場合は原因が明らかな場合(たとえば中毒など)以外ではエコーをするべきだと思っています。
病院を変えるなら、今までの経緯と検査結果を書いた紙を持って行って相談されることをお勧めします。
それなりに大きい病院でしたらエコー(場合によってはレントゲンや追加の血液検査)をしてくれると思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問