JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

今朝午前三時頃、室内の離れたところで寝ていた犬が呼びに来たが(普段でもそのようにして戸外でのオシッコに誘うこと有り)

解決済みの質問:

今朝午前三時頃、室内の離れたところで寝ていた犬が呼びに来たが(普段でもそのようにして戸外でのオシッコに誘うこと有り)、外に出るまで何度も転び、外でなんとかオシッコをした後体をケイレンさせて転げ周り、呼吸は荒く、舌は長く出して、眼は虚ろな状態を何分か続けた。ケイレンは 治まったが呼吸は荒い中で室内に抱えて運び入れ、ベッドに横たえたがしばらくの間は、息苦しい状態は続いた。(まだその時点では、このまま足が立たないのではないかと感じるほどだった)ところが、小一時間ほどの後、自分でベッドから出て横で寝ている私の傍に寄って来た。
 六時半頃目覚めると、いつもの表情になっていた。その後、いつものように散歩し(念のため短め)、おやつもいつもくらい食べた。日中もいつもと変わりなく過ごし、夜の食事も残さず食べた。
 今まで寝ているとき、たまに足をヒクヒクさせることはありましたが、今朝のようなことは初めてで、このまま死んでいくのではと感じたほどでした。今後どうしたら良いかのアドバイスをいただければ幸いです。
宮崎県在住 徳永
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
痙攣には大きく分けて
1.頭蓋内疾患
2.心疾患
3.代謝性疾患
に わかれます。

現在ケロッとしているという症状からすると3の代謝性疾患(肝不全、腎不全、中毒など)は可能性は低い(ゼロではないですが)ので残りの1か2が怪しくなってきます

1の代表的な病気はてんかんや脳腫瘍、脳炎、脳梗塞などです。
これらは診断がつきにくく、場合によっては麻酔をかけてMRIなどを取らないとわからないこともありますが、痙攣以外の神経症状(眼振、反射の異常、感覚の異常、麻痺など)が伴っていればこれが怪しくなってきます。

2では心不全により一時的に脳が低酸素に陥り、発作を起こします。
病院で心臓の検査(聴診、レントゲン、超音波など)を行うことで比較的見つけやすい疾患(弁の異常や心筋症、心タンポナーゼなど)です。


若いワンちゃんであればてんかんが一番多いですが、やはり動物病院で診てもらわないと原因もつかめませんし、病気によっては命にかかわったり手遅れになってしまうこともあるので早めに受診されることをお勧めします。
質問者: 返答済み 6 年 前.

記入をもらしていましたが、当犬は15歳半のメスの雑種です、

専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
申し訳ないですが、こちらが見える情報の中には年齢は書かれておりません。

ただ、15歳の子ですと、単純なてんかんがその年になって出てくることはまずないので、それ以外の病気が考えられます。
まずは内臓疾患(心臓を含めて)がないかどうか、ほかに神経症状が出ていないかどうかを病院で診てもらった方がいいでしょう。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問