JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

犬のおやつについて質問です。 以下のものは、主に犬の健康面にどのようなメリット、デメリットがあるでしょうか?

解決済みの質問:

犬のおやつについて質問です。

以下のものは、主に犬の健 康面にどのようなメリット、デメリットがあるでしょうか?

全て無添加で、水分は20%以下くらいに乾燥させた状態のものとお考えください。


・ささみ

・豚耳

・すなぎも

・牛肉

・七面鳥のすじ

・仔牛の肉

・ジャーキー(鶏、牛タンの皮製)

・ガム(牛皮、小麦粉製)



・犬用のビスケット

(物によりきだとは思いますが、一般に人間と一緒に食べられるという以外に健康面のメリットは何かあるのでしょうか?)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
正直言わせていただきますと、おやつによる健康面のメリットというのはほとんどありません。
ですので満足していただける回答になるかどうかわかりませんが、 回答が出ていないようなのでさせていただきます。

まず健康面のメリットとしてあるものはガムやジャーキーなどの硬い製品は多少歯石が付きにくくなるのではないかといわれてはいます。たしかに口の中で硬いものをかむことによって、唾液が大量に出ますので唾液による口の洗浄効果はあると思います。
また、ガムなどでは多少はの表面をこすることによって汚れが取れることもあるでしょう。
それ以外には栄養面では良質のドッグフードを食べていれば特に問題はないので、おやつで補うということはありません。

健康面以外のメリットとしてはやはり楽しみができる、飼い主さんとのコミュニケーションがとれる、しつけに使える(順位づけを含めて)といったことがあります。

ですので基本的には健康面以外のことがおやつのメリットになることがほとんどです。

あとは好き嫌いと、以下に上げるデメリットのないものを選んでもらうのがいいでしょう。


デメリットとしては、アレルギーが一番に出てくるでしょう。
これはどの物質がアレルギーになりやすいかというのはわかりませんし、食べてみないとわからない部分も多いです。
今食べているドッグフードでアレルギーが出ていないのであれば、その原材料に含まれている素材のおやつを上げるのが無難だと思います。

その他、太りやすくなる(特にクッキーなどの炭水化物製品やチーズなどの脂肪を多く含むもの)、塩分過多(ジャーキーなど、ただし種類によっては塩分を含んでいないものもあると思います)などもデメリットの一つでしょう。


これらを総合的に見て、食べさせてもいいなと思うものを少し楽しみやご褒美としてあげるというのが、おやつです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答いただきありがとうございます。

 

追加の質問というか、営業トーク、すなわちそれぞれの商品の良さをアピールしたいので、

 

それぞれについて、多少なりともメリットになりそうな部分を教えていただきたいです。

 

例えば、

 

・豚耳

 

メリット→ビタミン~が多いので、~のような犬に最適。

 

というようにお答えいただければ助かるのですが・・・。

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
回答遅くなりました。

自分の知識と多少調べたことを書かせていただきます。


・ささみ
低脂肪、高たんぱくで、たんぱくも良質だといわれています。

・豚耳
低脂肪
ビタミンB1が含まれているので(豚肉全般)糖の分解を助けてくれる働きがあり、ダイエット中に上げるには適している。


・すなぎも
ビタミン、鉄分が豊富
独特の触感が好きな子はかなり好き

・牛肉
嗜好性以外は特にメリットが見つかりません

・七面鳥のすじ
ささみと同じで低脂肪、高たんぱく

・仔牛の肉
牛肉同様特に嗜好性以外にメリットが見つかりません
牛肉より柔らかいですが、ワンちゃんにとってメリットになるかどうかはわかりません。

・ジャーキー(鶏、牛タンの皮製)
噛むことで歯肉、歯の健康になります。(物理的あるいは唾液が大量に出ることにより)

・ガム(牛皮、小麦粉製)
ジャーキーと同様です。
ストレス発散にもなります。

・ビスケット
健康面のメリットはないものと思えます。
中にはビタミンやミネラルを添加したものもあるようです。


以上が僕が考えるおやつのメリットですが、やはり栄養面というよりは、飼い主さんとのコミュニケーション、しつけ、順位付けのために使うというのが僕の意見です。

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
すいません、追加ですが、おやつには添加物の入っているものも多いです。
それらがアレルギーなどを助長することもありますので、皮膚が弱い子には特にあまりおやつは勧めないであげてください。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問