JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

13 4

解決済みの質問:

13歳の雌のラブラドールを飼っています。二回出産をしています。
今年の4月に乳房に腫瘍が見つかり良性でしたが摘出しています。
目は少し白濁しています。
体重30キロの大型です。獣医さんも状態は良いと言われています。
質問は
之からの体調管理と日常生活で注意する事はどんな事でしょう。
毎朝6000歩1時間の散歩をしています。たまに少し腰を落とす事が有ります。
歩きすぎでしょうか、宜しくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
ラブラドールちゃんで13歳とかなり高齢の部類には入ると思います。

ただし、獣医さんに状態が良いと いわれているのであれば、ラブラドールちゃんの1時間の散歩は問題ないと思います。
ただ、ダッシュをしたり、階段の上り下りなど、体に負担をかけるような散歩は控えて、普通に歩くだけの散歩にされたほうがいいと思います。

また、食事はとても重要になってきます。
高齢のワンちゃんですと、腎不全や心不全なども多くなりますので、シニア系のドッグフードにして、おやつも塩分やたんぱく質など多くないものにした方がいいです(おやつをあげる習慣がなければあげる必要はありませんが)。
腎不全では多飲多尿といった症状が、心不全では咳や息切れ、運動不耐性といった症状が出ますので、これらが出たら診察を受けられた方がいいでしょう。
また、関節に負担をかけますので、体重管理はしっかりされたほうがいいです。
もし、歩いているときに腰を落とすのが増えてきたり、少しびっこを引くとかいうことがでてこれば、診察を受けて関節のサプリメントを飲ませた方がいい場合もあります。

また、腫瘍もかなりできやすい犬種だと思います。
体表にできるものは飼い主さんも気付けますので、定期的に体全体を触ってあげてください。
乳腺腫瘍は良性のものでも一度できると他の乳腺にできることがよくありますので、乳腺にも注意してしこりがないかどうか触ってみてください。

やはりあとは健康診断を定期的(半年に一度程度)に受けられた方がいいと思います。
内臓の異常、体の中の腫瘍などなど、症状として表れてこないものも検診によって早期発見できます。
家で様子をしっかり見てもらって小さな変化を発見してもらうことも病気の早期発見につながります。

まだまだ元気で長生きできるように、がんばってみてください。
質問者: 返答済み 6 年 前.

目は如何でしょう。

少し白濁していますが、見えてはいます。

関節のサプリメントはどんなのが有りますか?

専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
すいません。
眼に関してはおそらく白内障の初期から中期ではないでしょうか?
老齢のワンちゃんにはよくあるのですが、完全に白くなってなければ光を通しますので、見えます。
ただし、暗いところではかなり見えにくくなると思 いますし、昼でも程度によりけりですが、すりガラスを通したような見え方をしていると思います。
悪化を防ぐために点眼薬がありますが、効果がどれくらいあるかはなんともいえません。
ただし、ワンちゃんは視力に頼る部分が少ないため、突然失明するのではなく、徐々に見えにくくなる分にはかなり適応しますのでそれほど不自由になることは少ないと思います。

関節のサプリメントは人と同じでグルコサミンやコンドロイチン硫酸などの関節軟骨を保護する成分をを含んだモノが一般的です。
関節サポート、プロモーション、コンドロフレックスなどといった商品が出ており、害はありませんので、予防的に飲まされるのも一つでしょう。
ただ、ラブラドールちゃんですので少し費用がかかるかもしれません。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
回答に満足されましたら認証よろしくお願い致します。

ペット についての関連する質問