JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに ペット に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

食事や排尿はいつもと変わりないのですが、豆位の便を何回もして、いつもより元気が無く病院に行ったのですが、食欲が出るよ

質問者の質問

食事や排尿はいつもと変わりないのですが、豆位の便を何回もして、いつもより元気が無く病院に行ったのですが、食欲が出るような食べ物を。と言われました。5.8から5.3と急激に減っており、何だか心配で・・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

動物の種類と性別、年齢を教えてください。

yasuyukiをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ミニチュアダックスフント オス 6歳

今朝病院には行きましたが、食欲の出るものを食べさせて様子をみて、状況が変わらなかったらまた来てくださいとのことです。病院が好きで、病院では元気な姿を見せるもので・・・

様子を見ましょうと言われてしまうと、明日は休みだし・・・と不安になっています。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

一般的に小さな便をするときには、食べている食餌の量が少ないことが多いのですが、「食事や排尿はいつもと変わりない」ということは、与えている物・量、そしてそれを食べている量が変わらないということですか?変わらないなら、「食欲の出るものを食べさせて。」という指示には理解ができないのですが。

また、「豆位の便」というのは、豆のような形に小さい便ということではなく、豆くらいの量の下痢便ということでしょうか?ということで、それを何回も排泄しているのなら、大腸のほうに問題がありそうです。通常の整腸剤、食餌管理などで治ることが多いです。小腸に問題があると、比較的大量の便をして、体重が落ちてくることが多いです。

ずっと同じ物・量を与え、運動量などカロリー消費量が変わらないのに、やせるということであれば、なんらかのカロリーを浪費してしまう病気が考えられます。年齢的にも腫瘍の存在は考えて検査が必要かもしれません。ただ、ネコのフンをなめて調子が悪くなったときに、一時的に体重が落ちたということなら、次第に回復すると思われます。中年齢ですので、いろいろな病気がでてくるときです。「状況が変わらなかったら再診を。」ということなら、そのときに、きっと精密検査をしてもらえるでしょう。

いい便が出ているなら胃腸に異常はないと思います。

もし去勢手術をしていないなら、前立腺という生殖器の一種が大きく腫れ、便通を障害していることも考えられます。しかし、通常は、排便時にいきみがあったり、便が小さいというより、細くなったり、便秘と軟便を繰り返したりという症状もみられるでしょう。

明日は休みということをご心配されていますが、明後日受診ができるなら、1日くらい経過観察をしても問題ないと思われます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

食事量は、9月半ばより調子がよくないので、おやつを減らしています。けれど食事量は食べ残したら手で直接あげたり、いつもなら台所でお皿にドライフードを入れているとまとわりついて来るのですが、顔を動かすくらいで来ないので、お湯を入れ匂いで呼び、食べています。それでも食べない時は、ふりかけをかけ食べています。なので、食事量は大きな変化はありません。運動も波はありますが、大きく変化はないです。

 5月5.6㎏から6月5.8kgとなり、その後減量を試みていたのですが、減らず。今回の9月半ばの体調不良により5.6㎏になりましたが、5.3㎏は今までにない体重で、正直驚いています。

 便は、出始めの2・3粒は少し硬めです。その後は柔らかくなっています。散歩時等にも何度か便が出るとそうなのですが、粒の便と細めの便がでています。便の中に血が混ざったりということはなく、茶色の形状と堅さを除けば良い便だと思います。

去勢手術は昨年3月にしています。

今日の診察で、首を振るのが多いですね。と言われ、耳の中を見て少し炎症があると薬を塗っています。以前より首を振る事が多いのと23日にカットをしてもらったので、その所為かと思っていましたので・・・

 半月も元気がない・・・ということが今までなかったので、少しでも元気がないと心配で・・

しつこいかな?と思いつつ送ります。すいませんが、よろしくお願いします。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

おやつを与えている子は食欲が不定になりやすいので、当院では、「食欲にまったく問題ない子以外は禁止!」にしています。特にジャーキーなどの肉系は腸内細菌のバランスを崩しやすく、また、保存料の影響か、酸化の影響か、肝臓が悪くなっていることが多いです。

工夫して与えないと食べないということなら、きっと摂取量は減っていると思います。減っているなら、便は小さくなります。また、介助しながらの給餌を続けると、食欲がないわけでもないのに、自分で食べなくなることもあります。

減量しているということは、太っているということですね。太っているならダックスに多い、椎間板ヘルニアなどの病気が痛みを出しているのかもしれません。ひどくなると、特に後ろ足がもつれたりしてきますが、その前に、痛みにより、吐いたり、下痢したり、震えたり、食欲が落ちたり、元気がなくなったりします。MRIで背骨の部分を検査すると、判別できるでしょう。

去勢手術の時期が遅いですが、その時に手術したのは、なにか問題が生じたから手術したのでしょうか?たとえば、前立腺が大きくなったからとか、精巣が腫瘍化したからとか。そうであれば、前立腺やその周囲の精密検査が必要になるかもしれません。その部分で、腸を圧迫して、通過障害を起こしているかもしれません。

耳のかゆみやカットに行ったなどのイベントは、それがストレスになり、ホルモンバランスを崩し、潜在的な病気を表面化しているのかもしれません。やはり、これをみつけるのはより精密な血液検査が必要かもしれません。たとえばアジソン病は、副腎というところからのホルモン分泌が悪く、ストレスに弱いです。そのためにいま起きているようなさまざまな症状を起こします。

このサイトのいいところは何回も訊けるということです。遠慮せずに、今の時点で不安なことはお尋ねください。ただし、実際に診察していないので、あくまでも参考程度に留め、主治医のお話しをよく聞いていただき、疑問点などはその場でご質問されるのが、最善です。

質問者: 返答済み 5 年 前.

9月半ばの体調不良時、レントゲンと血液検査はしています。

基準でないのは、Na117、K2.9、CI85、RBC910万、Hgb18.7、という結果で、特に問題は無い結果だと言われました。

レントゲンでは便がたまっている事を言われ、その後散歩をしていつもより多めの便を出しました。

精密検査といわれますが、何をしてもらえば良いのでしょうか?ぐったりしているわけではないので(いつものベッドへのジャンプに失敗したり、食べ物を目の前にしても動かなかったり、外の音に反応しないとか・・・いつもと違う姿なのですが・・・)なかなかもっと良く診てください・・・とも言えなくて・・・。

 それと、おやつですが、歯のために良いと思いあげている時もあります。これもやめた方が良いのですか?おもちゃで遊ばない犬なので、時間かけて噛めるような物を与えていたのですが・・・。

家と仕事場を一緒に通勤しているので、家族以上の家族です。少しでも長生きしてもらいたい・・・一緒にいたい・・・と思っています。できることは何にでもすがりたい・・・そう思ってメールしています。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

「状況が変わらなかったら来てください」といわれているのであれば、前回検査していない部分を主治医なりに判断して検査を加えることになるでしょう。それらでも異常が検出できなければ、MRIの検査ができる施設、一般的には大学病院などを紹介してもらうことになるはずなので、今のところは、主治医の判断を信用していただければいい段階でしょう。

前回の血液検査でKが少し低めです。Kは食餌から摂取し、 尿に捨てられていくので、摂餌量は少ないかもしれません。また、排尿量が多いかもしれません。それだけで特定できる病気はありませんが、例であげたアジソン病の可能性は低そうです。Kが少ないと腸管の動きも悪くなりますので、それでたまっているのか、前立腺などが腫れて通過障害が起きているのか、X線検査にしても、バリウムなどを飲んだり、肛門から注入したりする、精密検査が必要になるかもしれません。ベッドにジャンプできないのは、体力が落ちているからかもしれませんが、背骨、椎間板などの異常は怪しいです。であれば、MRIの検査が有効です。

歯のためのおやつということですが、動物病院で処方されるタイプのものならいいと思います。ただ、ガムのようなものは、食道につかえる事故が多いので、できれば与えないほうがいいでしょう。食べられるものではなく、食べられないロープのようなもので、飼い主様といっしょに遊べるものがあるといいでしょう。

今後の検査や経過でまた不安なことがございましたら、ご相談ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

お忙しい所、ありがとうございます。

今後の経過でまた相談させてください。

とりあえずありがとうございました。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
不安であれば明日、受診してくださいね。

ペット についての関連する質問