JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

10歳中型犬、7歳頃から鼻が乾燥し始め、後ろ足も弱くなっていた。8月末から急に食べなくなり今も変わらず、 甲状腺機

質問者の質問

10歳中型犬、7歳頃から鼻が 乾燥し始め、後ろ足も弱くなっていた。8月末から急に食べなくなり今も変わらず、
甲状腺機能低下症の薬服用し始め、目付き、鼻の乾燥は驚く程良くなったが食欲は全くなく。
調子のいい時は食べ物に興味をしめすものの食べるのは主にツナの血合部分のみ。
水は飲むものの多飲という程ではない。
12日に皮下に輸液した後、多少は食べたが量、品ともにあまり変わらず。

このような症状に該当し得る病気はなんでしょう?
食べたいと思っても食べるまでには至らないようです。

よろしくお願いします
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  loverai0210 返答済み 6 年 前.
こんにちは。
10歳と高齢になってきているので、心臓や腎臓の病気の可能性もあります。
心臓や腎臓が悪くなると貧血気味になる子も多いのでふらついたり、呼吸が早くなることもあります。
甲状腺が悪い子は心臓病も併発しやすいので、一度検査をしてもらったほうがいいと思います。
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
すいません、少し追加の意見があるので書かせていただきます。

上記にあるような病気ももちろんあると思いますので、血液検査はされたほうがいいでしょう。
それとプラスで甲状腺機能低下症の子では、甲状腺ホルモンの必要量がその子によって違ってきます。
甲状腺ホルモン濃度は、投薬を開始してから測られていますか?
もしかすると、まだ投与量が不十分なのかもしれません。
耳が冷たい時があるというのが、甲状腺から来るのではないかと思い書かせていただきました。
質問者: 返答済み 6 年 前.
甲状腺の投薬始めてからまだ間もないです。
甲状腺機能低下によって貧血や、心臓等に影響があるのは解ります。
まだ投薬量も少ないかもしれません。
ただ表面的な改善は見た目にもはっきりしているのに
耳が冷たくなり、食欲も相変わらずないというのがちょっと。
その辺に多少なりとも変化が現れないというは?
多飲多尿も無く、嘔吐下痢もない状態、
ただ食欲や呼吸の状態から貧血になっているのでは?と思うのですが。

こちら(バリ島)でも今獣医に電話して「貧血では?」と聞いた所
「それじゃ××という薬あげて」と。

ここでの回答とあまりかわらない内容なんですが。。。。。。

こうゆう症状からはこうゆう病気が疑われる等の回答はないんでしょうか?
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
食欲がないというのは正直どんな病気でも当てはまりますし、鼻が乾いている耳が冷たいというのは、循環あるいは代謝が落ちているということになります。
ですので、やはりかんがえられるものとしては
循環系: 心不全、末梢循環不全(老齢性)、血栓症、脱水(腎不全など)
代謝性:栄養失調(肝不全、消化器疾患、悪性腫瘍などの悪液質)、ホルモン性(甲状腺機能亢進症)

等が考えられますが、総合的に考えると、僕は甲状腺ホルモンがまだ効き切っていないのではないのかと思います。
改善が見られるのが一部の症状からということはよくあることです。
食欲や耳が冷たいという症状が全く改善されないのが不安なのはよくわかりますが、もう少し待ってみてもいいのではないかと思います。
また、検査はどのようなものをされているのでしょうか?
もしあまりしていないのであれば、全身的な精査をするべきでしょう。
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医師
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問