JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

一昨日は大変お世話になりました。おかげで腰の痛みは注射を打ち良くなりましたが、肝臓の状態が悪くなり近いうちに黄疸が出

解決済みの質問:

一昨日は大変お世話になりました。おかげで腰の痛みは注射を打ち良くなりましたが、肝臓の状態が悪くなり近いうちに黄疸が出たりして入院が必要になるかもしれないといわれ ました。GPTは昨年の3月には116で一年後には222でそれからヘパテクトとウルデナシンを飲み始めました。7月に264今日は405になってました。GOTは3月42,7月59、今日は77でした。短い時間に薬を飲みながらも悪くなったのは加齢のせいだといわれましたが、このまま今の病院に掛かっていて良いのか、他に方法が無いのかお聞きしたいのです。体重は7.5キロでやや肥満で中性脂肪は5年前で246、今年3月で156でした。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
肝臓の数値の今回の上昇は恐らく痛み止めによる肝臓への負担からではないでしょうか?
痛み止めのステロイド、非ステロイド性抗炎症薬どちらも肝臓への負担があります。
ですので痛み止めを注射したのであれば、普通の子でも多少は肝臓の数値は上がりますので、もともと肝臓が弱い子であればそれくらいの上昇はあっても不思議ではありません。


肝 臓の数値が高くなっている原因はつかめているのでしょうか?
肝臓自体ではなくホルモンの病気でも肝臓の数値が上がることがあります。

また現在、内服薬を飲まれているとのことですが、お食事に関してはどうでしょうか?
おやつをたくさん食べている子ですとそれだけでも、肝臓の数値は上がります。
また、食事内容もあまりよくないと肝臓に負担をかけます。

お薬に関してはSAMeとよばれる抗酸化剤が使っていると肝臓保護作用が強いように思えます。
そういったものを試してみてもいいのではないでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございました。

痛み止めは今日初めてうち血液検査はその前にしたのでそれとは関係ないと思います。

肝臓の薬とは別に尿崩症で6月からデスモプレシンを投与しています。かなり水を飲む量は減ってきたのですが一週間前から又一日1.2リットル位飲むようになってしまいました。

大学病院を受診しようかと思っていますがいかがでしょうか?実はかかりつけの先生を信頼できなくなっているのでーー

食事には気をつけて他の犬より少なめではないかと思うくらいです。ミニチュアダックスとは言っても大きくて足の太さも中型犬ほどあります。過去に二度脂肪腫で手術しています。

専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。失礼いたしました。
尿崩症なのですが、そちらは確定していらっしゃいますか?
尿が増える病気で副腎皮質機能亢進症という病気がありますが、その病気では肝臓の数値が上がります。

もし、現在の病院に不安があるなら、セカンドオピニオンを聞きにいかれるのも一つだと思います。
ただし、大学病院の場合は、病院からの紹介状が必要なこともあります。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問