JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Pinapple109に今すぐ質問する
Pinapple109
Pinapple109, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 48
経験:  臨床獣医師
61112888
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Pinapple109がオンラインで質問受付中

ダックスです。 最近抱っこするとギャンとなくので 病院に行きました。レントゲンでは骨と骨の隙間が詰まっている状態で

解決済みの質問:

ダックスです。
最近抱っこするとギャンとなくので 病院に行きました。レントゲンでは骨と骨の隙間が詰まっている状態です。

どうやら腰の痛みみたいでした。
いまは注射二回と痛み止め薬 サプリのような薬(名前はわからない 獣医さんが処方したもの)
二週間 通っています。
痛みはおちついています。ただこれからも繰り返すようなら外科的手術も必要といわれました。
それがきになります。それと同時におしりが赤くなっていたので 抗生物質を一週間一日2回 くれました。
それに疑問を覚え赤みがひいたので やめました。 おしりの赤みで 原因もきかずに抗生物質をすぐだすものか また 一週間も必要か 前は塗り薬だけでしたが 気になります
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Pinapple109 返答済み 5 年 前.

 痛みどめや消炎剤で回復しているのであれば、現在のところ手術の必要性はないかもしれません。 繰り返したり、ふらつきや麻痺がおこってきた場合は手術適用になります。

 

とにかく、今は安静にして、今後痛みが治まっても段差のあるところやフローリングを走ったりするのは控えてください。 生活改善ができれば、再発のリスクが減らせます。

 

 赤みがある場合は細菌感染が疑われますので、ひどい場合は内服を出すこともありますが、赤みが引いていれば必要ないでしょう。

Pinapple109をはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問