JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

9

解決済みの質問:

はじめまして、こんばんは。9歳のメス猫ですが、以前から好酸球性肉芽腫でして、上唇によくできます。少し前からステロイドの効きが悪くなってきたようなのですが、原因は何が考えられますか?ノミ駆除もしていますが、お風呂等の予防などできますか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
可能性としては
その他のアレルギーが関与
例えば、食餌の影響、ハウスダ ストや花粉などのアトピー要因

細菌感染などの要因が関与

それか、ステロイド自体が効きにくくなってきている(耐性のようなもの)

などが考えられます。
シャンプーは感染などのことも考えると、やって見てもいいのではないでしょうか?
効果がかなり期待できるということではないかもしれませんが。
他には食餌の変更、空気清浄機などの導入といったことも効果が出るかもしれません。

しかし、もしステロイド剤自体の効きが悪くなってきているのであれば、増量あるいは他の免疫抑制剤を使わないといけないかもしれません。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問