JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

14 3 4

解決済みの質問:

ウェスティー14歳雄の病状についてお伺いします。
半年以上前から、肛門の内側にいぼ痔のような血種(直径3~4mm)が出来ており、排便の際に肛門から出て来て、多少出血もします。また、最近は耳の外 側にも3mm程度の瘡蓋が出来、取ると出血してまた瘡蓋になり、一向に治りません。 他にもお腹におできが出来ていますが、こちらはまだ出血していません。 肛門の件は獣医に診てもらいましたが、細かい検査をする以前に、「手術するかどうかは飼い主さんのご意思次第ですから」と言うに留まっていてます。検査をするにも「手術」ほどの大掛かりなことになるのでしょうか。 また、当てはまりそうな病名はありますでしょうか。
ご教示のほど、宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
血腫に関してなのですが、もし去勢手術をされていないのであれば一番可能性の高いものは肛門周囲線腫と呼ばれる良性の腫瘍です。
これは去勢していない雄の高齢の子にできる腫瘍で、それほど悪いものではないのですが、出血しやすく、中には化膿してしまったりすることもあります。
針を刺して検査することもできますが、はっきりした結果が出ないことも多いです。
小さいうちであれば、手術自体はそれほど大掛かりなものにはならないことが多いので(手術にはなります)、麻酔のリスクが少ないならはや目に手 術されることをお勧めします。
再発しやすいので一緒に去勢手術されることをお勧めします。

皮膚や耳のほうのおできに関しては、肛門のものと一緒ではないと思います。

皮膚のできものの検査は、針を刺してその中の細胞を取るという検査ですが、カリフラワー状のおできみたいなものの場合は実際に手術で取って検査センターに送らないとわからないことも多いです。
カリフラワー状のものは一般的には両性のものが多いです(悪性のものもありますが)。

大きくなるのが早い、出血する、感染するといったものは手術できるなら早めに手術されたほうが今後のためだと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問