JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

生後2年と半年のメス猫です。時々同じ方の目が開かなくなります。開かないというよりは開けようとしたがらない感じです。

解決済みの質問:

生後2年と半年のメス猫です。時々同じ方の目が開かなくなります。開かないというよりは開けようとしたがらない感じです。2~3日すると少しずつ開くようになり、元に戻ります。閉じている目を見たら、白目部分が充血しているようです。手(腕)でこするようなしぐさもしますが、痛がっていたり、痒がっているようなこともなく、片目だけ閉じた状態でいつもとさほど変わりありませんが、時々なるので心配です。どういったことが考えられるのでしょうか?


目ヤニはほとんどありませんが、ほんの少し黒い目ヤニはあります。動きはいつもと変わりはありません。暑くて多少バテている感はありますが・・・。


アメリカンショートヘアーで、体格は太くも細くもなく標準体です。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
目が充血している場合は眼球の表面に何らかの炎症が起きている可能性が高い です。
それと目が開きにくいということを考えると、一番の可能性は角膜の傷(角膜潰瘍)が考えられます。
これは外傷など(自分がこするのも含めて)で目の表面に傷がつくものです。
この場合の症状は充血としゅう明(人がまぶしいときにするように目を少ししか開けない状態)です。
軽いものであれば1,2日で自然に治ります。

そのほかにも結膜炎や緑内障で眼を開けにくいような状態になることがありますが、そのほかの症状があいません。
次に症状が出たときに一度動物病院に¥店に行ったほうがいいと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問