JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

11 ( ) BUN45.7 CRE2.3

解決済みの質問:

11歳になるペルシャ(雌)です。7月4日に健康診断に行き血液検査で(BUN45.7 CRE2.3)
慢性腎臓疾患と診断されました。コバルジンを投与しながら様子を見ましょうと言われました。
今までの食事はやめて腎臓食に変えるように指示されロイヤルカナン腎臓サポートを毎日与えています。

8月1日に別な病院に行き血液検査をし(BUN47.0 CRE2.7)でした、
こちらの獣医さんは点滴で数値を下げてから漢方薬を投与することを勧められ、
コバルジンも一緒に与えましょう、
点滴はいつからでも出来るので、よく考えて判断するように言われました。
点滴は週2回(1ヶ月8~9回) の予定です。

私としては猫のストレスを考えると点滴をした方がよいのか、
それとも漢方薬とコバルジンを暫く続けた方がよいのか迷っています。
良きアドバイスをお願いします。
それから腎臓食のお勧めがありましたらお願いします。
(ヒルズの乾燥フードは食べませんでした。)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
猫ちゃんの慢性腎不全の場合には数値だけでは点滴の必要性があるかどうか判断できないと僕は思っています。
脱水の状態、吐き気、食欲など。

今のところ食欲に問題がなく、脱水していな いのであれば僕は点滴の必要はないと思います。
数値だけでも軽度の腎不全ではないかというのが僕の印象です。

一般状態が問題なく、この数値であれば食餌療法±ACE阻害剤(腎臓の高血圧を抑え、腎臓の保護になる薬)というのが一般的かもしれません。コバルジンというのは蛋白吸着剤で、食餌療法の補助と考えてもらってもかまいません。

漢方薬に関しては経験がありませんのでわかりません。


慢性腎不全は経過が長いことが多く、今後徐々に進行していく可能性が高いです。
もちろん数値は低いほうがいいですが、腎不全と付き合っていく上で大切なことは

脱水させない
食欲があって・吐き気がない状態を続ける
腎不全の子にあった食事を与える

ということです。

Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

現在は食事の量は以前より少なくなりましたが水も良く飲み、吐き気などはありません今までと同じように生活しています 。

 

ACE阻害剤(腎臓の高血圧を抑え、腎臓の保護になる薬)は病院でいただけるのでしょうか?

薬の名前などわかりましたら教えてください。

ペット についての関連する質問