JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

9歳のヨークシャーテリア、6キロと大きめの子でした。 子宮蓄膿と診断されましたが、細菌性でほかの臓器に菌が移る

解決済みの質問:

9歳のヨークシャーテリア、6キロと大きめの子でした。

子宮蓄膿と診断されましたが、細菌性でほかの臓器に菌が移るからすぐ手術は出来ないと言われ
1か月以上、抗生剤や心臓の薬な ど5種類飲んでいました
レントゲンをとり心臓肥大だと言われました
おしっこからたんぱくが出てるということで、毎週尿検査に行きました。ドッグフードも変えて、皮膚の薬ものみ
万全な体制で手術をするということでした

が、手術をして亡くなってしまいました。

手術が終わり、呼吸器を外したら心停止だったと
心臓マッサージをしたけど、助からなかったと。

おりもので気づき医者に連れて行きましたが、食欲もあり元気でした。熱もなかったです。
同じ病気の犬はすぐ手術して元気になったと聞きましたが、主治医の先生を信じて1か月以上も通院し
死んでしまう手術をするなんて、これっぽっちも思わずに連れていきました
去勢手術と同じだと説明されました

なんで死んでしまったのでしょうか?心臓が悪かったとはいえ、麻酔の量や、術中の管理が悪かったのではないのでしょうか?

私はパニックになってしまい、亡くなった子を連れて帰ってくるのに精いっぱいでした

亡くなってしまったのだから、もう帰ってこないのはわかっています
でも悲しくて、悲しくて、あきらめられません

仕方のないことなのでしょうか・・・回答よろしくお願いいたします
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
まず、子宮蓄膿症は命に関わる病気です。
放っておくとそのまま多臓器不全 を起こしてなくなってしまうので、ほとんどの場合は手術が必要です。
手術に関しては、早くできればそれに越したことはありませんが、やはり手術がすぐにできないケースもあります。
心臓や腎臓の状態、貧血の程度などによっては内科的に集中的に治療をしてから手術に挑むケースもあります。

手術に関しても100%安全というものではありません。
それはもちろん麻酔を使うには健康な子にもかなり低い割合でリスクがあって、心臓が悪い子であればなおさらです。

病院側に落ち度があったかどうかというのは定かではありませんが、心臓の悪い子への麻酔に関しては、リスクは少なからずあります。

ご期待に添えないかもしれませんが、これが実際のところです。


Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問