JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

2011年1月末に両後ろ足の膝蓋骨脱臼の手術をしました。現在、痛がったり、歩くのを嫌がったりはしませんが歩く時の両足

解決済みの質問:

2011年1月末に両後ろ足の膝蓋骨脱臼の手術をしました。現 在、痛がったり、歩くのを嫌がったりはしませんが歩く時の両足の幅が狭く足先が外側を向いています。手術後、少しづつ歩かせ、術後2ケ月くらいからはかなり傾斜のある上り坂を歩かしています。4月、5月は朝1時間、夜40分位の散歩をしています。6月からは気温も上がり少し歩くとゼイゼイするので、朝晩30分の散歩と上り坂歩きはしておりません。今後のリハビリはどの様にすればよろしいでしょうか。
グレートピレニーズ 雄、9ケ月。生後3ケ月半で手術をしました。体重32~3Kg。
宜しくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
現在手術から半年ほどで普通に歩かせているんですよね?
僕個人的には特にリハビリらしいリハビリというのはいらないと思います。

ただし、大型犬の子というのは下半身にかなり負担をかけるので、できるだけ膝の弱さを筋肉でカバーするようにする必要があります 。
筋肉が落ちないように、散歩時間は今くらいの時間を維持してください。

また、体重に関しては、太りすぎないのはもちろんのこと、普通の個よりはやややせ形をキープできるといいと思います(がりがりになると筋肉が落ちるのでやややせ形で)

あとはあまり激しい運動などはひざの負担を強めますので、膝の状態をチェックしてもらいながら、無理しすぎないというのも必要だと思います。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問