JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 111
経験:  動物病院に勤務しています。
60723395
ここに ペット に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

4歳4ヶ月 雄猫 雑種 2009年暮 尿路結石というのでしょうか、入院しカテーテルでの治療をしました。 退院して

解決済みの質問:

4歳4ヶ月 雄猫 雑種
2009年暮 尿路結石というのでしょうか、入院しカテーテルでの治療をしました。
退院して投薬治療をしていました。良くなっているように見えていたのですが、
年が明けた頃トイレが長いので良く見ると尿がポタポタと水滴が落ちるようにしか
でておらず、お医者様も分からないようで、抗生剤、餌、カラーで様子 を見ることになりましたが、
なにも変わらず、薬を続けるのもと通院もやめました。
尿意があると排尿に3,4回かけトイレを出たり入ったり。ポタポタ排尿した後トイレから早く出たいのか
思い切り飛び出ると同時に尿も飛び散ってこちらも大変。お尻もよく舐めています。この子の負担を軽くしたいと、色々なトイレを用意したりとしていますが、思いは届きません。諦めていましたが、今そちらを知りまして祈る思いです。現在餌は ロイヤルカナンPHコントロール と ベッツプランメールケア を使用しています。
兄弟が2匹 13歳雄猫 がいます。
ご助言宜しく御願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  kikurage 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

経過が長い排尿障害ですね。大変なこととお察しします。猫ちゃんもまた、とても不快なことでしょう。

最初の診断は尿結石症で尿道に砂状のものが詰まってしまって尿が出なかった、ということでいいでしょうか。カテーテルを入れて、おしっこを出しやすくしながら抗生剤と消炎剤、点滴などで治療をした感じでしょうか?

また、それ以前には尿がぽたぽた漏れるようなことはなかったでしょうか?

 

若い雄猫の場合はストラバイト結晶という尿に石の成分の結晶がたくさん出る病気がよく見られます。

こちらは、体質によるところが大きく、飲水量が少なかったり、細菌感染を併発したり、トイレを我慢したりすると膀胱炎を発症し、また、尿道の細いところに砂状のものが詰まっておしっこが出なくなってしまいます。おしっこが出ないまま24時間ほどたつと腎不全も併発する怖い病気です。

また、治療によって良化しても、食事療法は数年単位の長期的に続けなければまた結晶ができて同じことを繰り返す病気でもあります。

定期的な尿検査と食事療法によってかなり予防できます。ちょっと気になったのはphコントロールだけではなく、メールケアを使用していることです。もし、ストラバイト結晶による症状が継続しているのであれば、治療食以外のフードが少しでも混じってると結晶が消えないコが結構たくさんいます。(同居の猫ちゃんのフードを食べることもだめです。)また、尿検査でphが高ければさらにphコントロールスターターやs\dといったキツイ処方食に切り替えなければ尿結晶をなくすことができず、膀胱炎症状を治められない可能性もあります。

これらの経過を見るためには定期的な尿検査(最初は1週間ごととか)が欠かせません。

その際に、細菌感染を併発している場合は抗生物質の投与も継続が必要です。

 

次に、尿検査でストラバイト結晶がそれほど出ていないのに膀胱炎のような症状が続くケースとして、同 じく猫ちゃんに多くみられるのは特発性下部尿路疾患です。これは、人間の間質性膀胱炎と似ていて、細菌や石などが関与していないのに、勝手に膀胱炎を繰り返してしまう病気です。こちらは軽いケースでは治療をしなくても勝手に5日間くらいで治ってしまいますが、ひどくなると、尿道が腫れておしっこが出なくなるなどの症状がでてしまい、腎不全を伴ってしまうこともあります。こちらの治療は主に消炎剤の治療とグルコサミンのサプリメントの使用などです。また、phコントロール、c/dなどの治療食はこの疾患にも対応していますので、食事療法の継続も効果的です。飲水量を増やす工夫も必要です。トイレのストレス回避も大切。。。。(トイレを増やすなど)

 

最後にあまり、多くはない原因として、尿道の慢性的な炎症(カテーテル挿入や、結晶が詰まったことに対しての2次的損傷など)や、排尿筋に関する神経の損傷、1歳前から症状があるのであれば、異所性尿管(尿管のついている位置がちょっとずれている)などの解剖学的問題が絡んでることがあります。

こちらは、尿カテーテルの挿入検査や、X線逆行性尿路造影、腹部超音波診断などである程度診断が付きます。

(神経に対する損傷については診断が難しいので、診断的治療になると思います。)

治療法としては、解剖学的な問題を伴っている場合は外科手術適応になることもあります。

また、尿道の狭窄のみが主に先っぽで起こっている場合は、尿道切開術を行うことによってかなり良化することがあります。

すべての検査で問題がなく、神経損傷などを疑うときは排尿筋に支配する神経の作動薬などを内科的に使用し、良好することもあります。

 

ご質問内容を見る限り、もう少し検査や治療などやってあげられることがあるように感じられますので、あきらめずに病院に受診されることをお勧めします。もし、近くに泌尿器を得意とされている病院さんや、大学病院などあいましたらそちらを受診されてはいかがでしょうか。以上のような検査、治療をしていただけることと思います。

kikurageをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問