JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

2月頃から下痢が続いています。地元の動物病院でいただいた薬をしばらく飲ませていましたら、突然ふらつき眼震がでました。

解決済みの質問:

2月頃から下痢が続いています。地元の動物病院でいただいた薬をしばらく飲ませていましたら、突然ふらつき眼震がでました。 以前から少し信頼できかねていたこともあり、新しくできた動物診療所に飛び込んだところ「アスゾール中毒ではないか」といわれました。 
そちらの獣医師は若く経験も浅いと、自ら診断がつきにくいことは専門の他の獣医師に問い合わせをしたり大学病院にも紹介状を書いてくれました。 大学病院では直腸の内視鏡検査・頭から肺までのCT検査までしていただきましたが、結局「 少し炎症は見られるものの、特に目立った原因はみあたりません。」とこことでした。
その後、診療所の方でお世話になり一時的に改善が見られましたが、最近また下痢(ほとんど水)がひどくなり血液検査したところ、白血球数が6万以上あり、少しですが黄疸も出ているようです。 

今のところ自力で排便をして散歩にも行きたがって動けますが疲れやすく、少量ですが眼やに鼻水もでています。診療所の見立ては『蛋白流出性腸炎』です。 獣医師から入院治療は進められていませんが、必要ならこちらから言い出すべきでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 5 年 前.
それだけやって原因が見つからないのであれば、確かにタンパク漏出性腸症の可能性が高いのではないかと思います。
この病気は様々な原因によりタンパクが腸の中に漏れてしまう病気で、長官の中にたんぱくと一緒に漏れ出た水分や腸で吸収しきれなかった水分で下痢を起こします。

これ病気の治療で免疫抑制剤を使うことがありますが、もし薬を使っている場合は、白血球数の増加や黄疸などはこれらの薬の副作用として出ることもあります。

恐らく疲れやすいのは栄養が足り てないこと(吸収できてないこと)が原因だと思います。

この病気だとすれば、治療はかなり困難な場合が多く、入院治療をしてもそれほど効果が得られない、入院ストレスを考えると家のほうがよいというのが主治医さんの考えなのではないでしょうか?

もし飼い主さんが少しでも積極的な治療を望まれているのであれば主治医さんに相談すべきだと思います。
獣医師は色々な状況を考えて入院を勧めたり勧めなかったりしますが、飼い主さんの意見というのも入院させるかどうかの基準になりますので。

少しでも良い方向へ進むことをお祈りしています。




Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問