JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

捨てられていた雑種犬を飼っています(外で)。1歳未満位と思われます。中型犬(10kg未満。)です。3,4か月前に一緒

解決済みの質問:

捨てられていた雑種犬を飼っています(外で)。1歳未満位と思われます。中型犬(10kg未満。)です。3,4か月前に一緒に飼っている犬に顎の下あたりを噛まれ毛が抜けたことから始まり、自然に治ると思っていたところ、日を追うごとに体中のあちこちの毛が抜け、皮膚も黒ずみ(赤黒い)、 痒みも強く、外見はボロボロでかなり可哀そうな状態です。現在、獣医にかかり「何かのアレルギーかも・・・。治るのにはかなり時間がかかるでしょう」とのことで、「プレドニン5mg、ラリキシン250mg」の服用を続けていますが、治る気配さえありません。食欲は普通にありドッグフードや残飯などを食べています。山村地域に住まいしています。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
検査はどのようなものをされていますか?
また、その同居犬は現在何か皮膚に痒みや脱毛はありませんか?


症状から考えると感染症、自己免疫性疾患が考えられます。


全身的に毛が抜けて痒みが強いという症状から、一つはニキビダニ症が考えられます。
これは目に見えないような小さいダニですが、1歳未満の子あるいは老齢の子に発生しやすく、顔や四肢を中心に毛が抜けて痒みが非常に強い病気です。
こちらはうつることはないといわれていますので、噛まれたことが原因とは考えにくいですが、アレルギーの治療をおこなっているとひどくなる場合があります。

そのほか、疥癬でも同じように痒みの強いダニによる感染症です。
このダニはワンちゃん同士でも、ワンちゃんから人へもうつりますので飼い主さん方に皮膚の痒みや紅斑点(赤い斑点)がある場合はこちらも考えて おいた方がいいでしょう。
疥癬は噛まれてうつるというよりは直接接触によってうつってきます。
こちらもアレルギー治療により悪化することがあります。
どちらのダニも、皮膚のスクレーピング(引っ掻き検査)によって顕微鏡でわかります。
検査自体は非常に簡単なものです。

そのほかの感染症として全身性膿皮症や真菌感染もありますが、症状的に考えにくいかなと思います。


自己免疫性疾患というのは自分の体の何かに対して自分の免疫が攻撃して、体の不調をきたすもので天疱瘡や紅斑性狼蒼などといったものがあります(アレルギーの仲間と思ってもらってもかまいません)。
こちらがは原因不明のことがおおいですが、何か外から体に入ったものがきっかけになることもありますので、噛まれて唾液や菌が入ってきっかけになった可能性もあると思います。
治療は免疫抑制剤ですのでこちらの病気であれば、治療の方向性はあっているのですが、薬の使い方(用量、期間)によっては改善しないケースもあります。
これらの病気は診断のためには皮膚の一部を手術で取って検査センターに送る必要がありますので、簡単には診断できません。

ですのでまずは外部寄生虫(ダニ等)を除外するのが一番だと思います。
どちらにしてもだいぶ進行していそうなので早めに診断をつける必要があると思います。
山村地域にお住いということなので、難しいかもしれませんが、もし、現在かかられている病院が検査をしてくれないのであれば、他の病院に行かれることをお勧めします。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問