JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 111
経験:  動物病院に勤務しています。
60723395
ここに ペット に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

新しい質問です。 まだ確認中ですが、どうやら、私が住んでいるところの獣医では、犬も猫も狂犬病以外の注射はできな

質問者の質問

新しい質問です。

まだ確認中ですが、どうやら、私が住んでいるところの獣医では、犬も猫も狂犬病以外の注射はできなさそうだとうことが判明しました。(月曜日に最終確認しますが、首都の獣医には、「エチオピアでは首都以外では予防接種は狂犬病だけなのが普通、みんな他の予防接種のことは知らないので、聞いても質問が理解されないことが多い」と言われました。)

また、猫を将来的に日本やヨーロッパに連れて帰るためにはマイクロチップを
入れてから狂犬病の注射をする必要がありますが、このマイクロチップは、
首都の獣医でないと手に入りません。(居住地の獣医は、そもそも「マイクロチップ」という言葉を知りませんでした。どういうものかを説明しても知りませんでした。)

首都の獣医の電話番号がわかったので電話で確認してみたところ、マイクロチップも狂犬病以外の 注射も、私が取りに行けば、渡せるので、それを居住地の獣医にやってもらえばいい、自分がそっちの獣医に電話でやり方を説明してもいい、と言われました。
(私が猫を連れて来てももちろんいいと言われましたが、バス(24時間ぐらいかかって、休憩も非常に少ないと思われます)で行くのも、飛行機(あまり動物輸送の経験がないと思われる)で行くのも、予防接種前後ということを考えると特に心配なので・・・。自家用車があればいいんですけどね。。ちなみに塩素系漂白剤を首都で買うことになった場合、少なくとも帰りはバスしかダメですね。。)

8か月齢の猫は、完全インドアで飼っており、更にマイクロチップのことがあった(後から打ち直しはかわいそう)ので、まだ何もワクチンをうっていませんでした。ただ、今は、猫版パルボウィルスのように、外に出さなくても感染する、しかも非常に怖い病気があると知ったので、一刻も早く予防接種をしたいと考えています・・・。亡くなってしまった子犬の二の舞は絶対に避けたいですから。。。

ここで質問です。
・猫3種混合とマイクロチップを首都の獣医から取得し、居住地の獣医に接種して
 もらうことにする場合、注意すべき点を教えてください。
 (月曜日に話すときに、「これは聞いとくべき」など。)
 今思いつくのは、接種方法の他に、副作用が出た場合の対応を教えておいて
 もらうことぐらいです。。。
・前回の質問の、7か月の犬については、2週間まって元気だったら
 Parvoなどのワクチンをうつべきとアドバイスいただきましたが、
 今回このワクチンも一緒にもらってきてしまっても大丈夫でしょうか?
 (私の家には冷凍庫がありますが、時々2時間ぐらい停電になります。
 さらに最近、私の家を含む数件の家だけ、1日半ずっと停電していたことが
 ありました。。。居住地の獣医さんのところの保管設備は、未確認です。)

以上、よろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
まずマイクロチップを打つためにはそれ用の注射器が必要になりま す。
もしかしたらマイクロチップにすでに付いているかもしれませんが、それがどうなのか
どちらかの病院に確認しておいた方がいいでしょう。

後聞くこととしては、おそらく狂犬病予防接種の証明書がいると思いますので、それに関して。あとは国によってはその他の予防接種がいると思いますので
それをどこかで確認する必要があります。

ワクチンに関しては問題ないと思います。
二時間くらいであれば、氷を冷蔵庫の中に入れておいたり、それほど熱くなければ、冷蔵庫の冷気で保存できると思います。
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

遅くなりました。

先にご回答がありましたので、重複する部分は避けてお書きします。

マイクロチップについては規格が異なるとせっかく入れても日本で判別できません。ISO規格であるかどうかを確認されておいた方がいいと思います。また、国によって日本に連れてくる際に必要な条件がことなりますので、多分、日本大使館に問い合わせして準備されておいた方がいいと思います。

以下のURLは少し参考になるかと思います。

http://lifechip.info/lifechip/quarantine/index.html

 

ワクチンについては猫ちゃんでは接種後2-3日の発熱や食欲不振になることがありますので、そのような症状がでてしまったら点滴が必要になります。通常は一過性です。

また、副作用が出なければ初年度なので1か月空けて2回注射をしたほうが良いです。

保管は冷蔵庫であれば大丈夫です。

ワンちゃんについては副作用は顔が腫れたり、吐いたり嘔吐することがあります。これも一過性ですが、あまりひどいようでしたらステロイドの注射や点滴が必要になることもあります。副作用はワンちゃんの場合それほど頻度多くでません。

質問者: 返答済み 6 年 前.

ご回答どうもありがとうございます。

 

マイクロチップはISOの必要な規格であることを確認しています。

また、連れて帰る際の条件も2008年時点で熟読 していましたが、

リンクを確認したら、更新があった(基本は楽な方向への改訂のようですね)

ようなので再取得します。ご指摘ありがとうございます。

あとは、注射器の有無と、リーダーの有無を確認するようにします。

 

追加質問です。副作用が出た場合に点滴が必要になるかもしれないとのことですが、

私の居住地の獣医では点滴はできないのでは・・・と考えています。

(Parvovirusのような症状で亡くなったうちの子犬を連れて行った際、ほとんど動けず、

 明らかに衰弱しているのに対して、点滴せず、注射だけの処置でした。

 私が「前日から病気」といったので、日数が少ないと判断しただけかもしれませんが。。)

 

そこで、追加質問です。

居住地の獣医に点滴の設備がない場合(月曜日確認しますが)、どういう副作用

リスク回避措置がありますでしょうか?

 

以上、よろしくお願いします。

 

専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

点滴がない可能性があるのですね、、、、!

まずは猫ちゃんについてですが、耳を触って熱ければ発熱してますので、アイスパックなどで脇の下、内またなどを冷やします。

スポーツドリンクが手に入ればそれをお水で3倍くらいに薄めたものをお口から少しずつ与えます。それによって吐いたりしなければ缶をすりつぶしたものなどを少しずつ口に入れてあげます。(スポーツドリンクがない時は0.9%食塩水で代用)

ワンちゃんの場合はステロイドはあると思いますが、、、下痢、嘔吐の場合は猫ちゃんと同じように対処しますが(たぶんワンちゃんは熱がでないので、冷やさない)、嘔吐がひどいときはお口から物を入れるとかえって吐いてしまうので半日くらい何も与えないで様子を見たほうがいいでしょう。

kikurage, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 111
経験: 動物病院に勤務しています。
kikurageをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問