JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

kikurageに今すぐ質問する

kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 111
経験:  動物病院に勤務しています。
60723395
ここに ペット に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

はじめまして。獣医がほとんどいない、途上国(エチオピア、メケレ)に住んでいます。昨日から下血、嘔吐を繰り返していた子

解決済みの質問:

はじめまして。獣医がほとんどいない 、途上国(エチオピア、メケレ)に住んでいます。昨日から下血、嘔吐を繰り返していた子犬(2か月になるかならないかぐらい)が、本日死んでしまいました。。。おとといまでは元気でした。(ただ、普段より少々食欲がない気もしていましたが、もともと食い意地がはりすぎていたので、落ち着いたんだと思っていました。走り回ってもいましたし。)

今日午前中獣医に連れて行ったのですが、症状を説明したら、犬を直接診察することもなく、注射を2本打たれただけ(ビタミン剤とかいっていました)で「また明日注射に来て」だったので、死因ははっきりしませんが、ネットで調べたところ、「犬パルボウィルス」の症例にそっくりだと思っています。

うちには死んでしまった子犬の他に、うち(庭)に頻繁に出入りしている(近所のエチオピア人が放し飼いにして定期的にエサもやっていない)犬が2匹います。生後7か月ぐらいのオスと、その母犬で2匹ともワクチン未接種だと思います(あまりワクチンが一般的でないので)。母犬は妊娠中です。

子犬の死因が「犬パルボウィルス」だった場合の、この2匹への影響が心配です。
この犬たちは死んでしまった子犬をかわいがっており、今日病院に連れて行く前も口をなめたりしていましたので、すでに感染してしまっている可能性もあると思っています。

今から私がこの犬たちに、できることはなんでしょうか?
(今からあわててワクチンを打つのは、意味ありますでしょうか?人の犬ですが、私がお金を払えば、ワクチンは打たせてもらえると思います。)

また、私は生後8か月の子猫も飼っています(室内飼い)。犬パルボウィルスは猫には感染しないと書いてあったので、こっちは大丈夫だと思いますが、こちらも何か気を付けるべきことがありましたら、教えてください。

長文失礼しました。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  kikurage 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

ワンちゃんが亡くなられたこと、本当にお気の毒に思います。

パルボウイルス感染症だとすると、お庭の消毒はとても大変(かつ難題)です。

パルボウイルスは通常のウイルスと異なり、非常に乾燥に強く、それにより環境 下において半年から2年程度感染能力を保持します。家の中などの限られたスペースであれば、塩素消毒などである程度消毒が可能になりますが、お庭全体となるとなかなか難しいです。また、乾燥した土と下痢の糞便などが混合した土埃などが靴について家の中に入り込んでしまうこともあります。消毒法としては塩素系漂白剤などを5%程度に調整して十分な量を散布します。お庭の消毒は何回か繰り返してください。(ご家庭の日用品は色が落ちたり、さびたりしますが・・)また、子犬が使用していたおもちゃなどは処分したほうが無難です。

さて、お庭に遊びに来るワンちゃんたちですが、接触していたとなるとパルボウイルスに感染している可能性があります。潜伏期間は2-14日間くらいです。血便、嘔吐、食欲不振などの症状からでてきます。まず、お庭や子犬がいたところをできるだけ消毒し、できればお庭には立ち居りできないようにしてください。

7か月令のワンちゃんですが、今の時点でワクチンを接種することはお勧めできません。感染してしまった場合、免疫力が弱っていて、ワクチンによってかえって発症させやすくしてしまったり、ワクチンによる副作用を起こすリスクの方が高いからです。この年齢であれば発症したとしても脱水の治療(点滴など)、インターフェロン治療(エチオピアで手に入るかどうかはわかりません、スミマセン)、抗生剤、(タミフルが効果があると最近では使われています)、制吐剤などの治療を行うことによって、助かる可能性があります。

2週間経っても症状が出ないようでしたら、ワクチンを打ってあげてください。できたら、初年度は1か月後にもう一度接種してください。(免疫効果を上げるためです)ワクチン接種後2週間たてば、パルボの感染・発症のリスクがかなり下がりますので、危険度が下がります。その間に何度か塩素系で消毒しておけばその時点でお庭に入れてもリスクは少ないと思います。

また、母犬は妊娠中とのことなので、パルボの感染があ ると流産、死産を起こす恐れが高いです。また、妊娠中は基本的にワクチン接種ができません。パルボに感染していなかったとして、無事に出産した後も、子供たちのリスクは高いです。通常母親からの移行免疫によって6週令~12週令くらいまでは守られますが、ワクチン接種を行っていない母親の免疫力は弱いので、子供たちの免疫も弱い可能性があります。母犬、子犬(生まれたとして)はそれぞれ出産後1・5か月くらいからワクチンを接種し、母犬は2回、子犬は3回(最後はできるだけ4か月令)の接種をすると、その後は遊びに来れるようになります。

同居の猫ちゃんはパルボに関しては感染の心配はありません。しかし、便にいる寄生虫(回虫など)などは犬猫共通のものがありますので、便の状態は気を付けておかれたほうが良いと思います。

放し飼いのわんちゃんで、お庭に入れないようにする処置はなかなか大変かと思います。また、ワクチン接種も各犬1回で済む、というものでもないので、金額的な負担も大きいことと思います。しかし、パルボウイルスであったとすると、かなりの注意を行って、消毒・管理をしても、プロでさえ再感染をさせてしまうことがある恐ろしい感染力を持っている病気なのです。

最後に、もし、子犬を新たに導入するのであれば、上記の理由から非常に神経質に消毒を行わなくてはいけません。できれば1年以上は期間を開けたほうが良いと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

詳しい説明ありがとうございます。

 

塩素系漂白剤、早速明日街で探してみます。 (すぐに手に入るといいのですが・・・エチオピアの首都だったら絶対あるのですが、この街であるかは??です。)

 

1点追加でうかがわせてください。

 

塩素系漂白剤ですが、猫への影響で何か注意すべき点はありますでしょうか?

子犬は時々家の中に来ていたので、部屋の中と、庭の砂山(猫砂なんて売って

いないので、ここから猫のトイレの砂は調達しています)も消毒が必要です。

消毒した室内に、猫がいても大丈夫でしょうか?また猫砂も消毒後のものを

そのまま使っても大丈夫でしょうか?

 

犬たちを遊びにこさせないようにするの、大変ですが、了解しました。

(飼っている家の人とは、私の片言の現地語でしか会話できないので、

 まず、問題点を現地語に訳してもらって、更に注意してもらうように

 しないといけません。。。彼らに、パルボウィルスの症状に注意するように

 伝えておく必要もありますしね。)

 

以上、よろしくお願いします。

専門家:  kikurage 返答済み 5 年 前.

5%程度の塩素であれば猫ちゃんへの影響はないでしょう。

ただ、塩素臭に拒否反応があるかもしれません。トイレに使う砂などに違うにおいが付くとこれを嫌い、トイレ以外のところで排尿するようになる子がいますので、そのあたりが心配です。(気にしない子は全く気にしません。性格によります。)

また、消毒の際に作った塩素の液を誤って舐めてしまわないようにしてあげてください。時々塩素臭の好きな?猫ちゃんがいますので。バケツなどに入れておいた場合、その置き場所や対処を気を付けたほうがいいです。少し舐める程度ならば無症状、または軽い消化器症状が出る程度です。(原液は食道炎を起こす可能性がありますので、要注意です。)

 

お国柄、とても大変そうですね。

2次災害が出ないことをお祈りしています。

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

丁寧に答えていただいているのに大変申し訳ないのですが、あと1点だけ・・・。

 

塩素系漂白剤、やっぱり私のいる都市では見当たりませんでした。

(塩素系漂白剤といって、「こういう布とかを真っ白にするやつ」といったら、何のことを言っているのか分かってくれたスーパーが1件だけ・・・。)

 

首都で飼うことを検討していますが、万が一首都にもない場合、何か代替になるものがあったら教えてください。よろしくお願いします。

専門家:  kikurage 返答済み 5 年 前.

調べてみたのですが、わかりません。。。。

パルボウイルスは通常の消毒薬(アルコールやクレゾール、逆性石鹸など)では死にませんので、病院でも特殊な消毒剤を使うことが多いのです。(ビルコン、グルターZなど)パルボウイルスに効く、というだけで消毒薬の価値が上がるくらいです。

ご家庭においては塩素系消毒薬(漂白剤(ハイター)、次亜塩素酸ソーダ)などしか効果あり、と記載されていません。実際にウイルスなので、目に見えないところが怖い、、、。ちなみに、グルターZはホルマリン系の消毒薬で、結構強いものです。(猫ちゃんにもにおいがきついかもしれません)牛などの家畜に使うことも多いので、牛系の獣医さん?などに相談すると手に入るかも知れません。家畜では口蹄疫などの怖い伝染病がでると経済的打撃が大きいので、もしかしたら家畜の獣医さんの方が消毒薬についてお詳しいかもしれません。

スーパーで塩素系漂白剤が手に入るといいですね。

 

kikurage, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 111
経験: 動物病院に勤務しています。
kikurageをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    63
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    1
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    0
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    183
    臨床家
  • /img/opt/shirt.png merqry さんのアバター

    merqry

    獣医師

    満足した利用者:

    177
    北海道大学獣医学部卒業Ph.D
  • /img/opt/shirt.png arinko さんのアバター

    arinko

    獣医師

    満足した利用者:

    16
    小動物のの臨床医療を16年しています。
  • /img/opt/shirt.png crest さんのアバター

    crest

    獣医師

    満足した利用者:

    14
    国内獣医科大学卒業院長経験あり
 
 
 

ペット についての関連する質問