JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

中型犬ですが、年齢は10歳です。腎臓の値が良くないという事で2カ月前から、10日に一度くらい点滴で病院にかかっていま

解決済みの質問:

中型犬ですが、年齢は10歳です。 腎臓の値が良くないという事で2カ月前から、10日に一度くらい点滴で病院にかかっています。薬は毎日服用しています。白内障も少しあるので目薬を入れていましたがこちらは現在中止しております。最近、非常におびえて、2週間くらい前から散歩を嫌がり、現在行っておりません。なんとか外に連れ出そうとしておりますが、首輪を出したとたん部屋に閉じこもります。病院にも行かれず、現在は先生に訳を話して薬のみ頂いております。普段すごく怖がりで、花火や雷の音を聞くと震えが止まりません。最近、耳も少し聞こえ難くなったみたいで、音への反応も鈍くなっております。食欲はあります。2週間前に散歩中、首輪がはずれ逃げ回って、2時間後にやっと家に連れて帰れた事件がありました。それ以後外には出ておりません。室内で飼っておりますので、ベランダ等は自由に歩き回っております。このままでいいのでしょうか?なんとか散歩に連れて行きたいのですが、足腰が弱るのではと心配です。首輪を無理やりに付けようとするとかみついて逃げます。なんとか良い方法をご指導下さい。宜しくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
まず、腎臓に関して、おそらく慢性腎不全の状態だと思うのですが、点滴は対症療法になります。たとえば、腎不全の脱水のため、食欲元気が落ちている子の場合は必要になりますが、薬だけでしっかり食べててくれれて、病院に行くことがストレスになるなら、絶対に病院に行ったほうがいいということはないと思います。

散歩についてなのですが、もともと怖がりで、白内障と耳が聞こえにくくなってきているということなので、おそらく相当色んなものが怖くなっているんだと思います。
今無理やり連れて行ってもどんどん怖くなる一方だと思います。
なかなか難しいですが、方法としてはとにかく外に危険はないよと覚えてもらうことです。
具体的には、
・まず は首輪をつけることになれてもらうためにおやつをあげながら首輪をつける(腎不全の子なのでおやつの種類に注意)
・抱っこを嫌がらない子なら抱っこして少しだけ外に連れ出す(パニックになって逃げたりかまれたりしないように注意)
・外ではできるだけやさしく声をかけたり、好きなおやつをあげたりする。
・ちょっと慣れたらすこしずつあるかせる。
・できるかぎりびっくりするようなことのないような場所(子供や他の犬がいない所、段差のないところなど)を歩かせる

などです。
今ついてしまっている恐怖心を取り除くのはなかなか困難かもしれません。
もしどうしても難しければ、ストレスも考えると無理して散歩に連れていく必要性は疑問です。

それと家の中でもできるだけびっくりさせないように心がけてください。
いまはおそらく、光も音も感じにくく相当ナーバスになっていると思いますので。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問