JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

9歳雌中型避妊済みです。 3歳頃、寝ている時に尿がもれている事に気がつきました。 かかりつけの病院に行き、薬

解決済みの質問:

9歳雌中型避妊済みです。

3歳頃、寝ている時に尿がもれている事に気がつきました。
かかりつけの病院に行き、薬を処方して頂きました。
当時10日分く らい飲ませて、全然効果が無かったので、別の病院に行きました。

別の病院では、かかりつけの病院で出された薬は、余計に尿が出る薬で、間違えていると言われ、別の薬を出されました。

もしこの薬を飲んで治らない様だったら、避妊した犬によくある尿漏れだから治らないだろうと言われました。


現在9歳になって、尿漏れが少し多くなってる様に感じます。

今になって、他の動物病院にもう1件行けば良かったのかと思ったりしています。

この尿漏れは治らないのでしょうか?

それと、2ヶ月くらい前に膀胱炎をして、抗生物質を飲み、その時は治まったのですが、現在時々何かおかしい動作をします。

また膀胱炎を再発したのでしょうか?
膀胱炎は最初のかかりつけの病院に行っています。
様子を聞かれて薬を出され、検査等はしていません。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
こんばんわ。
尿漏れに関しては色々な原因があります。

確かに可能性として一番高いのは避妊済の雌犬によくある ホルモン性の尿失禁だと思いますが、それ以外にも腎臓の病気、膀胱結石、膀胱炎、解剖学的異常などホルモン性以外での要因を調べておく必要があると思います。血液検査、尿検査、超音波検査をまだしていなければ、まずはそれらの検査で異常がないことを確認する必要があるのではないかと思います。
ホルモン性は基本的には、検査で分かるものではないので、それ以外の要因を否定して診断していくものです。

避妊後の雌犬に起こるホルモン性の尿失禁に関してですが、根治させる方法は今のところわかっておりません。ただし、薬でかなりコントロールできることもありますので、できれば紹介状など書いてもらい、大きい病院もしくは大学病院に紹介してもらうのがよいでしょう。僕の経験上、紹介状を書けない理由も拒否できる根拠もありませんので、頼んで紹介状を書いてもらうのがよいと思います。
日本では売っていない海外薬なども大きな動物病院では扱っています。僕が以前勤めていた病院でも、尿失禁用の薬は海外薬を使っていました。

うまく合った治療法が見つかることを願っております。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問