JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Japavetに今すぐ質問する
Japavet
Japavet, 獣医師
カテゴリ: ペット
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医師
60306695
ここに ペット に関する質問を入力してください。
Japavetがオンラインで質問受付中

15才、避妊手術を受けているメス猫を家の中だけで飼っています。8か月ほど前に、オーナーになりました。5月末、突然呼吸

解決済みの質問:

15才、避妊手術を受けているメス猫を家の中だけで飼っています。8か月ほど前に、オーナーになりました。5月末、突然呼吸困難となり、緊急動物病院へ搬送。その時には、喘息を疑われました。喘息の治療でよくなり、翌日帰宅。そのすぐ後から、身体を掻くようになりました。ひと月後、頭部の激しいカユミに、ノミ/ダニを疑い、レボルーションを使用。その後もまだ掻くので、皮膚の炎症を伺い、獣医に連れていきました。獣医の見立ては、耳も綺麗だし、ノミ/ダニもいなさそうだという ことで、抗生物質が出ました。しかし、既に、食欲が落ちていて、心配していました。抗生物質を始めたところ、全く食べなくなり、缶詰をシリンダーに入れ、口から与えることにしました。食欲を増すクスリも出ました。カユミはおさまってきましたが、一週間すると、頭のてっぺんの毛が抜け出し始めました。リングウォームっぽくは無かったのですが、一応検査をすると、陰性でした。ヘアロスのところは、赤くおできができ、じくじくしています。それが除所に左の耳の外側へ移っています。いちばん初めに痒がったのは、左耳周辺でした。食欲は回復されず、もう3週間ほど、口から与えています。食べ物アレルギーも考えました。アレルギーの無いエサを与えてみましたが、全く口にしません。仕方なく、缶詰を口から与えています。前のオーナーさんより、チキンフレーバーのドライフードを与えていたことを聞きました。私が8か月与えていたのも、ブランドは違いますが、チキンです。そうこうしているうちに、後ろ足がおぼつかなくなり、よろけながら歩くようになりました。獣医は、血液検査の結果から、よろけるような原因がみつからないと言います。そして、治療方法がわからないと言われました。このような病気について、何か思い当たるふしはございませんか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: ペット
専門家:  Japavet 返答済み 6 年 前.
初めまして。
初めに断っておきます、正直わかりませんが、可能性のあることを書かせていただきます。

まずはじめに症状として
1.呼吸困難(ぜんそく?)
2.頭部のかゆみ
3.後肢のふらつき
というものがあります。

この3つの症状が一つの病気からでてきているかどうかはわかりませんが、もし一つの病気であるなら、心臓病(ねこちゃんに多い肥大型心筋症とよばれる心筋の病気)が挙げられます。http://www.p-well.com/health/clinic/cat/cat_ushiromahi.htmlここにその病気のことが書いてあるので参考にしてください。
痒みの症状は何らか のストレスで起きることもありますので、肥大型心筋症による心臓の痛みなどのストレスから来るとも考えられなくはありません。

僕は個人的にはこれらの症状は2つ以上の病気から来ているものだと思います。
引っ越してからの痒みであればやはりアレルギー、アトピー、引越しストレスによるものなどが考えられます。
後足のふらつきについては今の文面だけではなかなか判断できませんが、主に神経系、骨格系、循環器系などの原因がありますのでそれらをしっかり検査していく必要があります。場合によっては脳・脊髄をふくめたCT・MRIなどとることもあります。

ただし痒みに関してもふらつきに関しても、診断が非常に難しいのではないかと思います。
早めに紹介状を書いていただき、大学病院などで診てもらった方がよいと思います。

このような回答しかできず、非常に申し訳ありません。
Japavetをはじめその他名のペットカテゴリの専門家が質問受付中

ペット についての関連する質問