JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 小児科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 小児科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

5歳男児の病状に関して質問です。 昨日(20日)の朝から、息子の動悸が激しくなり、苦しそうに起きました。 心臓の

解決済みの質問:

5歳男児の病状に関して質問です。
昨日(20日)の朝から、息子の動悸が激しくなり、苦しそうに起きました。
心臓の鼓動が激しい運動をした時の状態が長く続いています。
昨日の朝、少量の嘔吐を繰り返し、微熱も続いています。
嘔吐物は、胃液のようなものだけです。
今は嘔吐は無くなりました。
動悸は引き続き継続して、息苦しいようです。
一昨日の夜、大勢でバーベキューをし、
普段食べないような量の食事をしました。
鹿の肉も食べました。
その夜は異変はなかったのですが、
朝になって、心臓が痛いと言い出して、
動悸が激しく、呼吸も乱れてます。
嘔吐はありますが、昨日から1回も排便がありません。
ずっと胸が苦しそうで、横向きに寝続けてます。
仰向けは苦しいようです。
どんな状況で、どう対処したらよいか教えてください。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 小児科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
実際にご子息を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、もっとも可能性が高いと考えられるのは食中毒だと思われます。
「どう対処したらよいか教えてください」とのことですが、ご家庭で出来る対処としては、相談者様が現在なさっている以上のことはできないでしょう。
小児救急病院の受診をされるご意向は無いのでしょうか?
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。徳島の田舎に住んでおり、祝日ということで、徳島の救急に連絡したのですが、様子を見てくださいとのことで、経過を見ているところです。原因がわかれば対処したいのですが、小児科を受診したい意向はあります。
食中毒の可能性が高いとのことですが、排便がないのが気になります。浣腸などで対処は必要でしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 そういうご事情だったのですね。 以下、ご子息が食中毒(感染性腸炎)を呈しているという前提で回答致します。 一般的には食中毒では下痢を呈します。この場合の下痢は、感染病原体を排出するための防衛反応なので、下痢止めを使用すべきではないとされています。 ただし、小児や高齢者の場合、腸管の力が弱いために、病原体を含む便やガスが貯留して便秘になってしまう場合があります(ご子息の心拍数が高いのは、そのために横隔膜が挙上し、心臓と肺が圧迫されているからかもしれません)。そのような場合、浣腸による排便は状態を改善させる有効な手段であると考えられています。http://www25.tok2.com/home/marchan/sub11-9-11-kyuseigeri.htm 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
ありがとうございます。浣腸を試しました。少ししか我慢できず、ちょっとの排便だけでしたが、
ずいぶん楽になったとのことです。引き続き排便を促せるようにしてみます。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。どうかお大事になさって下さい。
感染性腸炎の場合、排泄とともに腸内細菌叢を整える対処も必要です。排便によって感染病原体とともに正常の腸内細菌叢のバランスも崩れてしまうからです。このため、下痢止めは禁忌とされている一方で、生菌製剤(乳酸菌製剤などのことです)の使用は推奨されています。善玉菌が悪玉菌を駆逐する効果も期待できます。「新ビオフェルミンS」などは小児でも使用可能ですので、ご使用を検討されてみてはと思います。少なくともマイナスに働くことはありません。
評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の小児科カテゴリの専門家が質問受付中

小児科 についての関連する質問