JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 小児科医
カテゴリ: 小児科
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 小児科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

6歳の女の子ですが仮寝した後着替えさせようと起こすと暴れだします、足で蹴りまくる手で殴りかかる最後は大声で泣きわめき

解決済みの質問:

6歳の女の子ですが仮寝した後着替えさせようと起こすと暴れだします、足で蹴りまくる手で殴りかかる最後は大声で泣きわめきます。

しばらくするとけろっとして笑っています
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 小児科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。
仮寝というのは、いつなんでしょう。
学校から帰ってからですか。
それとも、お休みの日のお昼寝ですか。
時間と長さを教えて くださいね。

夜寝た時はそういうことはないのですか。
夜寝ている間に怯えた様に泣くとか、寝たまま歩き回るとかですね。

いつからこの現象が起き始めたんでしょうか。

主治医はご存知でしょうか。
持病や服用されているお薬があれば教えてくださいね。
まずはもう少し情報をいれていただいてからお返事を書かせていただきますね。
ご了承くださいね。
質問者: 返答済み 4 年 前.

仮寝というのは多くは夜保育園から帰ってきて食事をしその後ソファーで横になりテレビを見ているとうとうとして寝ます、洋服は帰ってきたままです。


保育園から帰るときも車のなかで眠ることもありますこの時も途中で起こすと暴れます、寝ているのに途中で起こされると不機嫌で暴れます。


 


先日も保育園のお泊り保育があり夜中に暴れたみたいで先生が驚いてありました。


 


目立つようにになったのは5歳くらいからです、主治医は知りません。


 


持病や服用している薬はありません、身体的には非常に健康で体格も保育園の女の子の中では1番大きく知能も高いと思います、私は祖父で娘の子供です代わりに育てています。


 


1歳になる前3ヶ月くらい乳児院にいました。

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お返事をお待ちしておりました。

錯眠という言葉があります。
それは、夢遊症、夜鷲症、夜尿、夜間痙攣など睡眠に伴う何らかの機能異常を指します。

錯眠は4-12才の子供たちの約3%に見られます。
程度のほどは個人個人違います。
ストレスや、病気や睡眠不足などによって強く出ることもあります。

このうちあなたの娘さんの経験されている症状は、夜鷲症ですね。

http://kaimin.ynbms.info/2007/03/post_48.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%9C%E9%A9%9A%E7%97%87

夜鷲症の特徴は睡眠の約1/3の前半部分に起こり、なだめすかしてもおさまらず、朝起きた時に覚えていないというものです。
症状がぴったり合いますよね。

次に治療方法にうつります。

まずはお部屋を安全に保つことです。
あばれた時に怪我をしないようにということが目的ですので今一度確認されてください。

毎日のお休みの時間と起きる時間を一定化しましょう。

発作が起きた時には決してあなたが叫んだりお子さんをゆさぶったりしないことです。
静かにソフトに話しかけてあげましょう。

次に、お休みの時間が一定していればどの時間に起こせば発作が来るかわかってきます。
そしてそのタイミングのもっともっと前に強制的に起こします。
それを毎日することにより発作を防げます。

その他仮寝以外で発作が起きるようになってきたら睡眠の邪魔になるようなものはすべて取り除きましょう。
お隣のテレビの音が大きいならボリュームを下げるとか、熟睡できる環境が整っているかどうかいろいろ確認されてください。

次にストレスが原因になっている可能性があるようでしたらカウンセリングや行動療法、催眠療法、バイオフィードバック、リラックス療法が役に立ちます。
これに関しましてはそのようなことをやってくれるところを探すことが必要になりますので児童相談所や、小児医療センターに問い合わせられるといいかと思います。

http://www.pref.toyama.jp/branches/1245/1245.htm

以上が私からの提案ですが、コンセンサスとしましては何もしないという治療法が主流のようです。
結局いずれはなくなる現象だからですね。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を用いられて質問を書かれてくださいね。

リンクがうまく貼れていないと思いますので恐れ入りますがURLをコピーされて検索されて下さいね。
docmmartをはじめその他名の小児科カテゴリの専門家が質問受付中

小児科 についての関連する質問