JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 小児科医
カテゴリ: 小児科
満足したユーザー: 4173
経験:  医師、准教授
61793059
ここに 小児科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

以前も相談しました。今回2回目になります。 宜しくお願いします。 子供2歳の女の子です。 8月初旬

解決済みの質問:

以前も相談しました。今回2回目になります。
宜しくお願いします。


子供2歳の女の子です。

8月初旬から蕁麻疹が毎日数回出ます。
初めは夕飯中に足首を掻いていて気づきました。
蚊 に刺されたような痕がどんどん広がって行きました。

翌日に病院へ行き、
①ポララミンシロップ0.04%+単シロップ(丸石)
②デカドロンエリキシル0.01%
③リンデロン-DP軟膏
をもらいました。

食物アレルギーか疲れから来てるかもという事で
薬で様子を見ていました。

食べ物には気を遣っているつもりです。
が、全く改善されません。

食物アレルギーは牛乳。
軽症のアトピーです。

アトピーは何度か小児科で薬をもらっていたのですが、
改善されなかったので皮膚科へ行き診断されました。

今回の蕁麻疹も小児科ではなく、
早々に皮膚科へ行った方が良いのでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 小児科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
お久しぶりです。

たへんですね。

この間まったく熱や他の症状はなかったのでしょうか。
鼻水や咳なども?

今はどこに出ていますか?どこか正確に書いていただけますか?
そしてその状態を描写してください。
乾燥肌でしょうか?

今日は一日勤務でお返事は遅れます。
よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

再投稿です。

画像が選択されていませんでした。

 

 

http://plaza.rakuten.co.jp/uallhavefun/diary/200812290000/

 

 

↑ヤフーで検索し、うちの子と同じような症状の画像です。

 

 

宜しくお願いします。

 

 

質問者: 返答済み 4 年 前.

編集すると以前の情報は消されてしまうのですね><;


 


蕁麻疹が出てから他の症状は気になりませんでした。


熱・鼻水もほとんどなく。


咳は2日間程出ていましたが治りました。


 


今朝は、左腕肘下からの裏と両足の太股に出ていました。


塗り薬で対処しましたが、本人は理解出来ず


塗った上から普通に掻いている状態です。


 


 


昼間は保育園で、保育士さんお話して薬を預けています。


 


 


乾燥肌で、お風呂前など裸になるとすぐボリボリと掻き始めます。


特に腰からおしりにかけてが酷いです。


 


 


宜しくお願いします。


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
アトピーや、アレルギーや、じんましんや喘息はみんなお友達で、関連があります。
このうち、お子さんはアトピーとアレルギーとじんましんが出ているようですね。
将来喘息が出なければいいと思います。

ちょっとでもカゼをひいた時に咳が長引いたりぜいぜいしたり、ふだんでも走ったり運動したりしたあとに咳がでないか観察してあげて下さいね。
一応参考までに書きましたが、将来このような症状が出たら躊躇することなく吸入を開始された方がいいです。

さて、じんましんですが、実は食べ物のアレルギーからではなくウィルス性の疾患に伴ってそれが引き金となって出ることがとても多いです。

お子さんの場合も、伺えば咳が少しだけでも出ていたようですし、おそらくそうでしょうね。

アトピーも手伝ってしまってお話がややこしくなっています。
まずはじんましんの治療ですが抗ヒスタミン薬と、消えたあとにまた戻ってくるじんましんを防ぐためにステロイドの内服が必要になります。
これらはすべて軟膏ではなく内服になります。
ステロイドの軟膏はあまり効かないです。
さて、なぜ抗ヒスタミン薬とステロイドを使って治療するかお話しましょう。

じんましんはアレルギー反応です。
何かがきっかけで体の中にヒスタミンが放出されてできるのがじんましんです。
そのヒスタミンをブロックするのが抗ヒスタミン薬=ボララミンなどです。
アレルギーの反応には二段階あって早期の段階には抗ヒスタミン薬、そして遅延性の部分があとでやってくるじんましんですがこれをやっつけるのがステロイドです。
ステロイドを使わないとこの遅延性のステージがやっつけられなくてまたまたじんましんが戻ってきてしまいます。
デカドロンはステロイドの服薬ですね。

お薬はほぼ、理想的なものを使っておられますが、まだまだ続いているところを見ますとおそらく量が十分な量を使っていないのと、アトピーのためダブルパンチになっているのと両方がおそらく原因でしょうね。
ですから抗ヒスタミン薬もステロイドも量を調整してもらうか、別のものを加えるなどしてこのピンチを抜け切らなければいけません。
これに関しては改善の余地がありますからいただいた主治医によく相談されてください。

次にアトピーですが、痒みの病気と言われるくらい痒みがなければアトピーではありません。
アトピーの患者さんはほぼ全員乾燥肌です。
これをまずはなんとかしないとだめですね。乾燥しているだけで痒くてたまらないです。
保湿作戦をお教えしますのでこれに従ってください。
まず、%の高い尿素入りの保湿クリームを用意されてください。
お風呂に長めにつけて、上がったら3分以内にそのクリームを全身に塗ります。
昼間も何回か乾燥したなと思ったら塗ってあげましょう。
次にお勧めしたい製品がありますが、ちょっとお高くつきますが保湿に、また痒みにいいクリームです。

http://www.0120978454.com/

これはオンラインで購入できますよ。

以上が私からのアドバイスです。
こういう話題は得意ですので何でも聞いてくださいね。

docmmartをはじめその他名の小児科カテゴリの専門家が質問受付中

小児科 についての関連する質問