JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DKK2002に今すぐ質問する
DKK2002
DKK2002, ITエンジニア
カテゴリ: オペレーティングシステム
満足したユーザー: 6260
経験:  NTTコミュニケーションズ .com Master★★
60772406
ここに オペレーティングシステム に関する質問を入力してください。
DKK2002がオンラインで質問受付中

Windows

質問者の質問

Windows 8.1にインストールしたパワーポイント2013を使うために,デスクトップの既存のpptファイルを開こうとダブルクリックしても反応がない.パワポを開いてから,ファイルを選択すると開ける.
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: オペレーティングシステム
専門家:  DKK2002 返答済み 1 年 前.

フリーのITエンジニアのDKK2002と申します。今回は質問をご投稿いただきましてありがとうございます。

PPTファイルのアイコンは,PowerPointのアイコンになっているでしょうか。

一度関連付けの変更をやり直してみていただければと思いますが,PPTファイルのアイコンを右クリックして「プログラムから開く」を選択し「別のプログラムを選択」をクリックしてください。下にある「常にこのアプリを使って・・・」にチェックを入れた状態でPowerPointを選択してOKで閉じてください。次回以降は恐らくファイルをダブルクリックしていただくことで開けるようになるはずです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。回答をお待たせすることがございますが,あらかじめご了承願います。)

DKK2002をはじめその他名のオペレーティングシステムカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます.関連付けもいろいろ試みました.既成のpptファイルのアイコンはPowerPointのものです.ただ,開いたPPから新しいファイルを作成し保存したところ,「.pot」という拡張子?がつきました.既成のPPファイルで「プログラムから開く」にするとInternet Explorer,MS Office Click-to-Run, 同じく Click-to-Run IntegratedOfficeExe,既定のプログラムの選択,の4件が出てきます.既定のプログラムから進んで,その他を探しても,Program FilesでMicrosoft Office と Microsoft Office15に至りますが,それらのなかに
PP,Excel,Wordは見えません.コントロールパネルからのプログラム確認では,MS Office Home and Business 2013 -ja-jpが存在します.ここ数日,ここから変更→修復を試みて,いろいろあって現状に至っています.このClick-to-Runの存在が不明です.
専門家:  DKK2002 返答済み 1 年 前.

プラスのご評価をありがとうございました。

恐らく,POWERPOINT.exeというプログラム本体は,C:¥Program Files(x86)¥Microsoft Office¥Office15フォルダーの中にあるはずです。もう一度ご確認ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12393;うもありがとうございます.ご指示に従い,Program Filesをしつこく探しましたら, Microsoft Office 15¥root¥Office15 の中にありました.これで関連付けができました.これまでは,はじめのMS Office 15までしか探していなかったのですが,rootの中身を掘り下げて発見しました.既存ファイルのダブルクリックで開くことができます.ただ,その時に,「製品を修復してください」といったメッセージが出ます.やはり,インストールにあたってなにか不具合が存在するようです.sfc/scannow では,「リソース保護は整合性違反を検出しませんでした」との結果に終わっています.あきらめないことをご指示くださり感謝しています.
専門家:  DKK2002 返答済み 1 年 前.

了解いたしました。修復は,コントロールパネルの「プログラムと機能」から行なっていただけます。単体のPowerPointをご利用であれば,一覧からそれを選んで「変更」から修復を行なっていただけます。