JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DKK2002に今すぐ質問する
DKK2002
DKK2002, ITエンジニア
カテゴリ: オペレーティングシステム
満足したユーザー: 6498
経験:  NTTコミュニケーションズ .com Master★★
60772406
ここに オペレーティングシステム に関する質問を入力してください。
DKK2002がオンラインで質問受付中

Windows 7 Professional x64 をチップセットRAID1にて快適に使用させていただいております。 過日、BIOSのupdate中に愛猫がいきなりキーボードに

解決済みの質問:

Windows 7 Professional x64 をチップセットRAID1にて快適に使用させていただいております。
過日、BIOSのupdate中に愛猫がいきなりキーボードに飛び乗ってきて(後で分かったこと ですが)デフォルト値にリセットされたまま再起動してしまいました。デフォルト値はRAIDがIDEである為Windowsを起動できず、ICHモードにてnon-raidボリュームと起動の修復でWindowsを立ち上げ、RAIDを再設定。これが、どうもミスの上塗りだった模様。
さて、現在の状況は、Windows起動時に必ずautochkがエラーボリュームを指摘してきて、diskcheckをうながすようになり、ほうっておけば10秒ー20秒後には起動ドライブを見つけて起動にかかるようです。立ち上がればもとの快適なWindowsで、表面は何の問題も無いように見えます。
HKEY_LOCAL_MACHINEのMountedDevicesを見るとE:ドライブがありません。パーティションソフトで
みると、”システムで予約”にC:が振られている為、システム本体のパーティションはE:となってしまったようです。内臓のRAID1論理ボリュームがD:の為E:が振られたようです。従って、”システムで予約”のドライブ文字を削除、システム本体をC:に変更するとE:ドライブが復活しました。しかし、相変わらず起動時のautochkはエラーボリュームを指摘してきます。MountedDevicesにて指摘のエラーボリュームを削除しても違う名前のエラーボリュームができてきます。エラーボリュームはDosDevice:Cとバイナリ値が二つ違うもので、DosDevice:Cとバイナリ値が同じものは他にあります。まるで、目に見えない仮想のCドライブがあるのか、DosDevice:Cに何か隠れた値があるのか、わかりません。何か、いい修正方法があれば御教示願えませんでしょうか。
というわけで、最後の手段は、MountedDevicesにあるDosDevice:Cを含め全てのVolumexxxxxを削除し、Cドライブから順番に接続していけば、auto-assignがドライブを再設定してくれるのでは?とも思ったりしますが、Dドライブ以降はいけますが、Cドライブは何か特別な匂いがして、踏み切れません。
以上、宜しくご教示いただきたくお願い致します。
Regards, XXXXX XXXXX
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: オペレーティングシステム
専門家:  DKK2002 返答済み 4 年 前.
質問のご投稿をありがとうございます。

システムの構成が不明なのですが,RAID1でご利用ということですので,片方のハードディスク単体での運用となったとしても,データ自体は飛ぶことはございません。

「パーティションソフト」でご覧になったということですが,ソフトは何をご利用になったのでしょうか?こうしたソフトで見ることができるドライブレターは,Windows上から見えるドライブレターとは全く関連はございません。Windows上とは別のドライブレターが割り当てられることは普通です。

ですので,通常通りCから順番に再設定をなさっていってください。片方のハードディスクが壊れた時に交換するときと同じような要領で良いと思われます。再構築の際にはデータを失うことがないようにお気を付けください。
DKK2002をはじめその他名のオペレーティングシステムカテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返事に感謝。


起動時にautochkにてエラーとでてくるのは、下記にコピーしたエラーイベントログの詳細にあるボリュームですが、これはイベントログの下に一部書き写したHKEY_LOCAL_MACHINEのMountedDeviceの中のDosDevice:Cのコピー(?)ボリュームで、バイナリー値がDosDevice:Cは 60 06 となっている所コピーは 10 00 と一致していません。C:と一致したボリュームは別に存在しています。このエラーとなるボリュームはいくら削除しても新しいボリューム名で復活して起動のたびにエラーディスクとしてCHKDiskを求められます。CHKDiskのスケジュールが入っていなければ、スキップされて数秒後には問題なくWindowsが立ち上がります。


というわけで、MountedDevicesをリセットすれば解決するのか、他に修正する所があるのかどうかというのが知りたい所です。また、MountedDevicesの中を削除する場合、DosDevice:C以下もボリュームXXXXXともども削除してもよいのかどうか。



ソフトはParagon PartitionManagerで、ドライブ名が不正確ですが、割振りすることが可能。


システム構成はドライブ関係に限れば、


C:Intel RAID 1 - 180GB SSD (System)


D: Intel RAID 1 - 2TB HDD (Storage)


F: - J: USB3 メディアドライブ


K: 取り外しHDD SATA ドライブ


R: BluRay/DVD SATA ドライブ


OS: Windows 7 Professional SP-1 x64



イベントログ


- <Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
- <System>
<Provider Name="Ntfs" />
<EventID Qualifiers="49156">137</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>2</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime="2013-01-31T03:32:00.386005100Z" />
<EventRecordID>190693</EventRecordID>
<Channel>System</Channel>
<Computer>kelly-i7PC</Computer>
<Security />
</System>
- <EventData>
<Data />
<Data>\\?\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}</Data>
<Binary>1C0004000200300002000000890004C000000000020100C000000000000000000000000000000000020100C0</Binary>
</EventData>
</Event>- <Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
- <System>
<Provider Name="Ntfs" />
<EventID Qualifiers="49156">137</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>2</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime="2013-01-31T03:32:00.386005100Z" />
<EventRecordID>190693</EventRecordID>
<Channel>System</Channel>
<Computer>kelly-i7PC</Computer>
<Security />
</System>
- <EventData>
<Data />
<Data>\\?\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}</Data>
<Binary>1C0004000200300002000000890004C000000000020100C000000000000000000000000000000000020100C0</Binary>
</EventData>
</Event>- <Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
- <System>
<Provider Name="Ntfs" />
<EventID Qualifiers="49156">137</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>2</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime="2013-01-31T03:32:00.386005100Z" />
<EventRecordID>190693</EventRecordID>
<Channel>System</Channel>
<Computer>kelly-i7PC</Computer>
<Security />
</System>
- <EventData>
<Data />
<Data>\\?\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}</Data>
<Binary>1C0004000200300002000000890004C000000000020100C000000000000000000000000000000000020100C0</Binary>
</EventData>
</Event>





HKEY_LOCAL_MACHINE の MountedDevicesの一部



キー名: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices
クラス名: <クラスなし>
最終書き込み時刻: 2013/01/22 - 16:30
値 0
名前: \DosDevices\C:
種類: REG_BINARY
データ:
00000000 99 c9 dd 3a 00 00 60 06 - 00 00 00 00 .ÉÝ:..`.....
値 1
名前: \??\Volume{fa4b724f-471f-11e1-beb5-806e6f6e6963}
種類: REG_BINARY
データ:
00000000 99 c9 dd 3a 00 00 60 06 - 00 00 00 00 .ÉÝ:..`.....




値 54
名前: \??\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}
種類: REG_BINARY
データ:
00000000 99 c9 dd 3a 00 00 10 00 - 00 00 00 00 .ÉÝ:........

質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返事に感謝。


起動時にautochkにてエラーとでてくるのは、下記にコピーしたエラーイベントログの詳細にあるボリュームですが、これはイベントログの下に一部書き写したHKEY_LOCAL_MACHINEのMountedDeviceの中のDosDevice:Cのコピー(?)ボリュームで、バイナリー値がDosDevice:Cは 60 06 となっている所コピーは 10 00 と一致していません。C:と一致したボリュームは別に存在しています。このエラーとなるボリュームはいくら削除しても新しいボリューム名で復活して起動のたびにエラーディスクとしてCHKDiskを求められます。CHKDiskのスケジュールが入っていなければ、スキップされて数秒後には問題なくWindowsが立ち上がります。


というわけで、MountedDevicesをリセットすれば解決するのか、他に修正する所があるのかどうかというのが知りたい所です。また、MountedDevicesの中を削除する場合、DosDevice:C以下もボリュームXXXXXともども削除してもよいのかどうか。



ソフトはParagon PartitionManagerで、ドライブ名が不正確ですが、割振りすることが可能。


システム構成はドライブ関係に限れば、


C:Intel RAID 1 - 180GB SSD (System)


D: Intel RAID 1 - 2TB HDD (Storage)


F: - J: USB3 メディアドライブ


K: 取り外しHDD SATA ドライブ


R: BluRay/DVD SATA ドライブ


OS: Windows 7 Professional SP-1 x64



イベントログ


- <Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
- <System>
<Provider Name="Ntfs" />
<EventID Qualifiers="49156">137</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>2</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime="2013-01-31T03:32:00.386005100Z" />
<EventRecordID>190693</EventRecordID>
<Channel>System</Channel>
<Computer>kelly-i7PC</Computer>
<Security />
</System>
- <EventData>
<Data />
<Data>\\?\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}</Data>
<Binary>1C0004000200300002000000890004C000000000020100C000000000000000000000000000000000020100C0</Binary>
</EventData>
</Event>- <Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
- <System>
<Provider Name="Ntfs" />
<EventID Qualifiers="49156">137</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>2</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime="2013-01-31T03:32:00.386005100Z" />
<EventRecordID>190693</EventRecordID>
<Channel>System</Channel>
<Computer>kelly-i7PC</Computer>
<Security />
</System>
- <EventData>
<Data />
<Data>\\?\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}</Data>
<Binary>1C0004000200300002000000890004C000000000020100C000000000000000000000000000000000020100C0</Binary>
</EventData>
</Event>- <Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
- <System>
<Provider Name="Ntfs" />
<EventID Qualifiers="49156">137</EventID>
<Level>2</Level>
<Task>2</Task>
<Keywords>0x80000000000000</Keywords>
<TimeCreated SystemTime="2013-01-31T03:32:00.386005100Z" />
<EventRecordID>190693</EventRecordID>
<Channel>System</Channel>
<Computer>kelly-i7PC</Computer>
<Security />
</System>
- <EventData>
<Data />
<Data>\\?\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}</Data>
<Binary>1C0004000200300002000000890004C000000000020100C000000000000000000000000000000000020100C0</Binary>
</EventData>
</Event>





HKEY_LOCAL_MACHINE の MountedDevicesの一部



キー名: HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices
クラス名: <クラスなし>
最終書き込み時刻: 2013/01/22 - 16:30
値 0
名前: \DosDevices\C:
種類: REG_BINARY
データ:
00000000 99 c9 dd 3a 00 00 60 06 - 00 00 00 00 .ÉÝ:..`.....
値 1
名前: \??\Volume{fa4b724f-471f-11e1-beb5-806e6f6e6963}
種類: REG_BINARY
データ:
00000000 99 c9 dd 3a 00 00 60 06 - 00 00 00 00 .ÉÝ:..`.....




値 54
名前: \??\Volume{218778c3-6494-11e2-85b4-806e6f6e6963}
種類: REG_BINARY
データ:
00000000 99 c9 dd 3a 00 00 10 00 - 00 00 00 00 .ÉÝ:........

専門家:  DKK2002 返答済み 4 年 前.
詳細な情報をお知らせいただいたのですが,どうもこちらから何かのご提示を差し上げることは難しいように思えます。

イベントID137が記録されていますので,恐らくですがRAID1のプライマリ・ボリュームとセカンダリ・ボリュームが入れ替わっているということなのかもしれません。これを入れ替える設定を行なって,このエラーが解消するかどうかをお試しになってみてください。

参考:http://support.microsoft.com/kb/971905/ja
(機械翻訳のページなので,日本語が変ですが。)

申し訳ないのですが,当方からはこれ以上の回答は差し控えさえていただきます。引き続きサポートを必要とされる場合は,「質問の再投稿」を行なっていただき,他の回答者からの回答をお待ち願います。

質問者: 返答済み 4 年 前.

プライマリーとセカンダリーを入れ替えただけではRAIDであるが故に不可ですね。DIR勉強して修正しなければならないようです。とりあえずAutomountを止めればCHKDiskは出なくなります。Autochkを削除すれば当然出なくなりますが、こちらはやめておきます。かなりのPCがこの問題に遭遇しているようですが、シンプルで明確な手立てが無いようです。


しばらくは無視することとしてこの問題はいったん終了とします。


お世話になりました。


 

専門家:  DKK2002 返答済み 4 年 前.
「回答が得られ満足」とのご評価をありがとうございました。

また何か機会がございましたらよろしくお願いします。

オペレーティングシステム についての関連する質問