JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
DKK2002に今すぐ質問する
DKK2002
DKK2002, ITエンジニア
カテゴリ: オペレーティングシステム
満足したユーザー: 6141
経験:  NTTコミュニケーションズ .com Master★★
60772406
ここに オペレーティングシステム に関する質問を入力してください。
DKK2002がオンラインで質問受付中

(build 14.0.8117.416)

質問者の質問

ウィンドウズライブメッセンジャーのバージョン2009(build 14.0.8117.416)を使用して、映像通話をしていましたが、本日9月30日朝から、タブにあるメッセンジャーのマークに小さい赤バツが付き、未接続に成ってしまいました。その時でも、インターネットは正常に繋がっていますし、その他のヤフーやスカイプは正常に繋がりました。しかし、ウィンドウズメッセンジャーの小窓では、通話相手もしるしが付き、相手によっては映像通話ができます。どうしたら以前のように、赤バツが取れて、正常に成るのか方法を教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: オペレーティングシステム
専門家:  DKK2002 返答済み 5 年 前.
質問のご投稿をありがとうございます。

確かに,現段階のWindows Liveメッセンジャーは2011というのが最新版になっています。

この類のソフトは,互換性の問題で,やり取りをする双方が最新版で同じバージョンのものを使用するということが最善です。データの仲介をしているサーバー側でも,古いバージョンのサポートはいずれ切り捨てられていきますので,今までは使えていてもある日突然使えなくなったり,不安定になったりということが起こり得ます。また,古いバージョンではサポートも受け付けてもらえません。

下記のページで2009と2011の機能比較がなされていました。可能な限り最新版のものをご利用になるようお勧めいたします。

http://messenger.live.jp/download/compare.htm