JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 699
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

なかむら医師への指名です。 指名する過程でエラーがでましたので、最初から書きます。 質問は2点です。

解決済みの質問:

なかむら医師への指名です。
指名する過程でエラーがでましたので、最初から書きます。
質問は2点です。
失礼とは存じますが1点目は、good医師へ質問し評価した、排便後の赤い点に関しての、good医師の回答について、なかむら医師ならば、どのように考えられるかの質問です。内容量が多いので、恐縮ですが、質問履歴を見ていただきたいと思います。
2点目は、1点目に関連した質問です。
排便後にペーパーを観察する習慣があるので、何かあると不安になるのです。
今回は赤い点ではなくて、点より少し大きめ(と言っても2mm大)の破片で、色は便の色と同じものがペーパーに付着していました。
これが何かは分かりませんが、good医師への質問趣旨と同じです。
どうかよろしくお願いします。
投稿: 3 ヶ月 前.
カテゴリ: がん治療
質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12394;かむら医師へ
家族や知人からは、今後は拭き取ったペーパーは見ない方が良いと言われているので、そのようにしたいと思っています。
したがって、今後は赤い点などをペーパーで見ることはないと思いますので、それ以外の何らかの症状があった場合には、
精密検査をするかを専門の医師に相談しようかと思います。
何らかの症状とは、どのような症状の時なのでしょうか?
毎年行う便潜血反応検査で陽性が出れば、当然、大腸内視鏡検査を受けます。
このような考え方で良いかも、併せて、ご回答のほど、よろしくお願いします。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 3 ヶ月 前.

申し訳ございませんが、1点目の質問が私の方でみれませんので、答えられません。状況がよくわかりませんので、もし可能であればURLリンクを送って下さい。

専門家:  Dr.なかむら 返答済み 3 ヶ月 前.

Good医師とのやり取りの部分です。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12394;かむら医師へ good医師とのやりとりの概要は次のとおりです。月に1~2回、排便時にトイレットペーパーに付着する赤い点は何でしょうか?
力んだりすると拭き取る時にペーパーに潜血と明確に分かるものがつくのですが、そこまで力まないときに赤い点がついていることがあります。
血液で点ようなものが付くことはあるのでしょうか?
食べカスの可能性もあります。
いぼ痔で治療中。毎年、便潜血反応検査をしており、今年の5月末に行い、2日とも陰性だったの
で、その以上の検査はしていません。
以上から、様子を見ることでよいのでしょうか?
直近では3年前に陽性が出たので大腸内視鏡カメラの検査を受けましたが、ポリープ等もなく異常なしでした。64歳の男性です。
通常のウオシュレットの便器であれば、排便後に拭き取った便を見ることはないと思いますが。
自宅及び職場はウオシュレットでないので、習慣的に見てしまい、何かあると不安になってしまいます。
私は不安神経症なので、私のようなものは、拭き取ったものをいちいいち見ない方が良いのでしょうか?
見るから細かいことで不安になってしまうので。
便自体は黄色に茶色が混じったような便でバナナ状の通常の便でした。
便自体には見た限りでは何も付着していませんでした。
不安の中身は大腸癌です。
ただし、これで大腸のさらなる詳しい検査をするのではなく、当初の質問どおり様子を見ることで良いですよね。内科医
こんにちは内科医師のgoodと申します。ご心配の事と思います。
通常医療機関を受診される患者様には、便鮮血検査(大腸癌健診)で陽性になった場合は大腸癌否定目的で大腸カメラを受けて頂きます。小さなポリープなどがあれば必要性に応じて、3-5年後の大腸カメラの再検をおすすめしております。大腸カメラでまったく所見がなかった際は特に再検の指示はだしません。前回の大腸カメラで再検の指示がなかったのであれば、本当に所見がなかった可能性が考えられます。 ペーパーに赤い血がつくのはおそらく微小な出血と考えます。大腸カメラで3年間に何もなかったのであれば、肛門付近の外痔、内痔核などによる出血が多いと思います。大腸癌は、肺癌や胃がんに比べると進行は遅く、3年間の間に、まったく何もなかったところに進行がんなどが出現している可能性は低いと考えます。ただし、医療に100%はないので、便に血が続く状態が続く場合は、前回より3年たっているので、ご担当の先生に相談して、今年か来年ぐらいに再度検査をご相談するのが良いと思います。経過からは、進行した大腸癌が現在存在する確率はかなり低いと予想され、痔核などからの出血の可能性が高いと思います。
good医師へ
「ペーパーに赤い血がつくのはおそらく微小な出血と考えます」とありますが、微小な出血でも血液ならば多少は滲むのではないでしょうか?血液で赤い点のようなものに見えることはあるのでしょうか?
力んで排便した時には痔の関係で少しだけ明らかに潜血と考えられるものが拭き取るペーパーに付着するので、痔の関係だと分かります。
しかし、血液が点(1mm~2mm未満程度)という形でペーパーに付くことがあるのでしょうか?
もちろん、その赤いものを調べてみない限りは確定的なことは判断できないことは分かりますし、医療に100%は無いことは承知しています。医師の立場で絶対に大丈夫だとの回答はできないのは十分承知しています。
しかし、赤い点のようなものが血液でない可能性が非常に大であると考えていますがいかがなものでしょうか?
仮に、血液だったとした場合においても、先生の言われるとおり、いぼ痔の可能性が非常に大きいと考えるのですが、いかがなものでしょうか?
便自体に血液がついたことは数年はまったくありません。「便に血が続く状態が続く場合は」とのご回答ですが、1ケ月に1回程度赤い点のようなものが、ペーパーに付着して滲んではいません。
1ケ月に1回あるかないかと言う程度で、便に血が続く状態が続く場合になるのでしょうか?なお、最近のトイレットペーパーは再生紙を使用するので、先日、使用する前にペーパーを見たら、最初から赤い点がついていました。
製造業者に聞いたらチラシ等の再生利用もあるので、そのようなことがあることは否定できないと言っていました。
以上から、今年の5月末には便の潜血反応検査を行い陰性であったこともあり、医学的常識としては、この程度で便に血液が混じると考えるのが普通の医学的見解となるのでしょうか?私はとりあえず、今年は様子をみても良いのではないかと考えていますが、いかがなものでしょうか?
私の場合は、いぼ痔もあるので非常に悩ましいところがあります。過去10年間で4回大腸内視鏡検査を行いました。痔の関係だと思いますが、一度も何もありませんでした。1度だけ採取したら潰れそうなポリープ(その時の医師の発言概要)があり、生検は異常なし。米国では内視鏡検査をして所見がなかった場合には10年後には内視鏡検査をするのが通常のようですが、知人たちのなかには便潜血反応検査もしない人もたくさんいます。医師としての絶対的な回答は無理だと承知しているので、この程度(1か月に1回あるかないかの赤い点(血液かどうかも不明))で、遅くとも来年には、このようなことが、この頻度であることで担当医師に相談した方が良いのでしょうか?
ちなみに、good先生のご専門は消化器系ですか?20年前くらいには排便時にドバット血液が排便時に時々出て、びっくりしましたが(この時から痔があったのだと思います)、この程度で死かかりつけの消化器系の医師に相談するのは納得がいかないのですが。
便潜血反応検査で陰性であっても大腸癌になる人はいるのでしょうが、せめて5年後くらい(便潜血が陰性であっても)に相談してみるのが妥当なように思うのですか、どうでしょうか?
何も症状らしきものが無くても(便潜血が陽性でなくても)、定期的に大腸内視鏡検査を行うのが安全性から考えれば確実なのは明白です。
しかし、現実には特別な症状が出ない限り、便潜血反応検査で陽性が出た場合を口実に辛い大腸内視鏡検査を行っているのが実情ではないでしょうか?色々と、まとまりのない言い方をしましたが、今年は様子を見る。
来年まで、このようなこと(1ケ月に1回程度赤い点のようなものが出る)が来年(5年目にもあたるので)まで続くのであれば、かかりつけの消化器系の医師に相談してみるというのはどうでしょうか?来年までこのようなことが無ければ、便潜血が陽性と出ない限りは、相談は特にしないというのは、危なっかしいでしょうか?good医師へ
かかりつけの消化器系の医師に相談すれば、念のために大腸内視鏡検査をするでしょう。
それが一番の白黒のつけ方ですから。
私のように、これまで何回も大腸内視鏡検査をする人は少数派ではないでしょうか?
検査を行うことによるリスクも考えれば。内科医
ご連絡ありがとうございます。状況について正確にわかりました。点のような赤いものであれば、持続的な出血ではなさそうですね。ペーパーでこすった際に肛門の粘膜の表面の一部がこすれたものがほんの少しだけついたか、はたまは再生紙の点であるか、おっしゃるとおりにどちらかだと思います。これに関しては心配する必要はないと思います。 最終3年前の大腸カメラで何もなかったのであれば、次回便鮮血でひっかかるか、明らかな鮮血が付着しない限りはカメラはおっしゃるとおりに見送っても良いと考えます。少なくとも今の状況で進行大腸がんなどの可能性は低いでしょう。 便鮮血が陰性であれば、検査は見送り明らかな鮮血が付着するようであれば、最終カメラから5年を目途に再検査でよいと思います。専門は内科一般です。 便鮮血は非常に有用な検査ですが、おおざっぱな結果になる検査ですので、その度にカメラを受けていらっしゃる方もいらっしゃるので必ずしも珍しい事はないです。病変がまったく本当にないのであれば、頻度としては多いと思います。(大腸に病気がある方は毎年受けられるかたもいますので)内科医
エピソードからして、質問者さまのおっしゃっている
「今年は様子を見る。
来年まで、このようなこと(1ケ月に1回程度赤い点のようなものが出る)が来年(5年目にもあたるので)まで続くのであれば、かかりつけの消化器系の医師に相談してみるというのはどうでしょうか?」
で問題はないと思います。good医師へ
赤い点の説明が非常に難しくて、知人に薬を開発する会社で長年にわたり勤めて、薬の開発業務を行っている人に赤い点のことを聴きました。すると血液が点となることはあり得ないと言っていました。そんなのは無視した方が良いと言われました。
good医師に赤い点のことを理解していただき実のところほっとしました。実は、私は強迫性障害を患っていて、何かあれば癌ではないかと不安になってしまうのです。
私の家族は、排便後に拭き取ったペーパーは見たことがないと言います。
見るから色々と不安になるのだと言います。なぜ、そんなものを見るのだ。見ないようにすれば、不安にならない。明らかな症状や潜血反応で陽性の場合に内視鏡検査をすれば良い。
拭き取ったペーパーをしばらくじっと見て調べている自分のことを、病気を探しているのかと言われます。メンタルクリニックの医師も様子を見て同じ症状が毎日のように2ケ月も続くようであれば、その時はじめて病院に行って相談しなさいと言います。以下のやりとりが消去されていますので、記憶している概要を書きます。結論的には、明らかな症状や潜血反応で陽性の場合に内視鏡検査をすれば良い、というご意見だったと記憶しています。
ペーパーに赤い点のようなものが付着しているのは、明らかな症状ではないというご意見だったと記憶しております。
それで、私も納得して評価しました。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 3 ヶ月 前.

赤い点は出血ではないと思われます。まず心配いらないでしょう。内視鏡はgood医師と同様の意見です。便潜血検査は必ず毎年されることをオススメします。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12394;かむら医師へ
上記とは別に、事務局に対して、good医師とのやりとりをご覧になられましたでしょうか?
good医師の結論は、「明らかな症状」又は「便潜血検査で陽性」の場合には大腸内視鏡検査をするべきであるり、今回の赤い点は「明らかな症状」ではないということがgood医師の結論です。
これと同じ意見ということでしょうか?
当然、今後は便潜血検査は毎年受けますが、陽性がでれば大腸内視鏡検査を受けます。
ただし、家族や知人等から今後は排便後のペーパーは見ない方がよいと言われていますので、
この場合、「明らかな症状」とは、例えばどのような症状の場合を考えたらよいでしょうか?また、2点目の「排便後にペーパーを観察する習慣があるので、何かあると不安になるのです。
今回は赤い点ではなくて、点より少し大きめ(と言っても2mm大)の破片で、色は便の色と同じものがペーパーに付着していました。
これが何かは分かりませんが、good医師への質問趣旨と同じです。」についてはどうでしょうか?
2点目の質問は、「点より少し大きめ(と言っても2mm大)の破片で、色は便の色と同じものがペーパーに付着」については、気にしなくてよい、心配いらないということで良いのでしょうか?
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 3 ヶ月 前.

拝見いたしました。ご指摘の通り、同意見となります。

明らかな症状は下血や、腹部痛などをさすと思います。

その破片は出血とは考えにくいと思いますので心配はいらないでしょう。

質問者: 返答済み 3 ヶ月 前.
12394;かむら医師へ
分かりました。ありがとうございます。
「下血」を辞書で調べると、「上部消化管内に起こった出血が大便に混じって肛門から出ること。通常黒っぽい便となる」とあります。
なかむら医師の言われる「下血」とは、上記の定義に加え、黒っぽい便(=タール便)に加え、黒っぽくなくても、直腸など肛門に
近い部位からの出血では、便は黒くなく普通の色になるが、①多いめの潜血が便に付着する場合、②排便に伴い①に併せて血液そのものが出る、の両方を指すのでしょうか?それとも②だけを指すのでしょうか?関連ですが、家族等が言うように、いちいち排便後のペーパーを見なくて良いとお思われますか?
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 3 ヶ月 前.

排便後のペーパーは切れ痔でも出血と思ってしまう事があるので、便を確認するだけでよいと思います。上部消化管で起こったものだけを下血とは言いませんので、例えば大腸内に腫瘍があって出血していればそれでも下血をきたします。いずれにしても便に明らかな出血があれば受診するようにしましょう。

Dr.なかむらをはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中

がん治療 についての関連する質問