JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 14291
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

30年前、舌癌で半切・再建手術後は言語にやや不自由さが残り、嚥下に時間がかかるようになったが味覚にも問題なく普通に生活し

解決済みの質問:

30年前、舌癌で半切・再建手術後は言語にやや不自由さが残り、嚥下に時間がかかるようになったが味覚にも問題なく普通に生活してきました。ところが昨年後半ごろから残った半分の舌に潰瘍ができ生体検査で癌と診断されました。早速CT、胃カメラ、超音波、PET検査など医師の指示に従い検査を繰り返しどこにも転移はないとのことでした。以前の手術による被ばくで放射線治療は無理とのことで、手術による切除(1~2センチ程度)か放置するかと言われています。
現在は食べ物が触れるとチクリと感じる程度でそれほど不自由はないのですが大きくなれば痛みも増し舌の全摘もあるとのことです。
最近、唾の飲み込みも引っかかることもあり、食事時間も長くなっています。手術による後遺症も気になりますが、流動食になってしまうのも避けたいところです。ベストな選択を教えて下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。
舌がんは、基本的には、重症度に関わらず、外科的切除が第一選択治療になります。
http://www.kaiteki-bb.com/box/cancer/tongue.html
↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑
軽度の舌がんであれば放射線療法での根治も可能ですが、相談者様の場合、それを選択することができません。
いただいた情報を検討する限りは、出来るだけ早いタイミングで手術を受けられるべきであると考えます。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中

がん治療 についての関連する質問