JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 14356
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

80歳の母が大腸がん(直腸)になりました。 ステージはⅣです。 現在、直腸にできている癌が原因で、便の通りが悪く

解決済みの質問:

80歳の母が大腸がん(直腸)になりました。
ステージはⅣです。
現在、直腸にできている癌が原因で、便の通りが悪く、内視鏡も通らないほどになっています。
何名かの医師に診察していただいたところ、癌のある部分を切り取り、腸をつなげる手術を勧められました。
その手術のことで、お尋ねしたいことがあります。
手術の際、相談した医師は、癌が近くにある小腸やリンパに広がっていたら、それも摘出するとお話されていました。
母の年齢を考えると、摘出するものはできるだけ少ない方が、体力を温存できるのではないかと思っています。
たとえ、癌が近くの小腸やリンパに広がっていたとしても、直腸のみ摘出するということは可能ですか。
もし、可能な場合は、どんなリスクがありますか。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

「癌が近くの小腸やリンパに広がっていたとしても、直腸のみ摘出する」ことは可能です。

しかしそれは根治を諦め、便通を良くすることだけと目的とする姑息手術となります。

「小腸やリンパ」のがんは抗がん剤によって治療することになりますが、恐らくは手術と変わらない身体的負担がお母様にかかると思われます。

これで回答になっておりますでしょうか?



【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】
質問者: 返答済み 3 年 前.

お忙しい中、ご返答ありがとうございます。


正直なことを申しますと、母の年齢や、既に肝臓が1/3、リンパも遠隔転移していることを考えると、癌を根治することは厳しいというのが、身内全員の意見です。


できたら、残りの時間をできるだけ元気で過ごさせたいと思い、今回の質問をいたしました。


 


抗がん剤は肝臓にピンポイントに行うだけで、体全体には行わない。


できるだけ、抗がん剤や放射線は行わないという選択はありえますか。


もしあったとした場合、そのリスクはどのようなものがありますか?

専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
ご返信・追加情報ありがとうございます。

インターネット相談では、実際に患者様を診察・検査ができません。

お母様の全身状態も、各臓器の状態も把握できないわけです。
大腸がんと一口に言っても病期や組織型によって選択される術式や抗がん剤、放射線療法の技法は異なります。

よって、ここで行いうる限りの文字情報のやり取りで
「抗がん剤は肝臓にピンポイントに行うだけで、体全体には行わない。

できるだけ、抗がん剤や放射線は行わないという選択はありえますか。

もしあったとした場合、そのリスクはどのようなものがありますか?」
という、個別性・具体性が高いご質問に回答することは不可能だと思います。

これはお母様を実際に診察されている主治医と相談されるべき事案でしょう。

インターネット相談で可能な限りの回答は尽くしたつもりでございます。
評価を賜れますと幸いです。
猫山司をはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中

がん治療 についての関連する質問