JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO,
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 4098
70092855
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

宜しくお願い致します。以前のパートナーが子宮頸癌でした。交際中に分かり、手術で子宮並びに付属器を摘出しました。残念な

質問者の質問

宜しくお願い致します。以前のパートナーが子宮頸癌でした。交際中に分かり、手術で子宮並びに付属器を摘出しました。残念ながら、逝去致しました。今後私も前向き暮らしてい くなかでいずれ新しいパートナーに巡り会うこともあるのかもしれませんが、その時にそのパートナーに私から感染することもあるやもと思うと、申し訳なく思います。医学的にそういった可能性が有るのか、それともそれを受け入れてパートナーに定期的に健診を受けてもらうように伝えるのが良いのか(もちろん健診は誰でも受けるのが良いのだと思いますが)、ご助言頂きたく存じます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
大部分の子宮頸癌はHPV(ヒュマンパピロマウイルス)で起ることが分かってきましました。それは性交でうつります。コンドームの使用はそれの感染の率を減少させますが100%ではありません。たとえ感染してもすぐには癌にはなりません(年単位で段々と前癌状態に進行します)し,感染しても免疫により大部分の方は2年以内にその感染は無くなります。定期的に検査を受けることが重要です。初期に異常が見つかれば完治は可能です。

がん治療 についての関連する質問