JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

人間ドック(のバリウム検査)で胃の再検査が必要といわれ、後日胃カメラを飲み、組織の病理検査で早期の胃がん(1.5cm

解決済みの質問:

人間ドック(のバリウム検査)で胃の再検 査が必要といわれ、後日胃カメラを飲み、組織の病理検査で早期の胃がん(1.5cm)と言われました。その後総合病院で再度検査をしたところやはり胃がんと言われました。その総合病院では1)腹腔鏡による3分の2切除がベスト、2)内視鏡による患部切除も可能。と言われていますが今週愛知県がんセンターでセカンドオピニオンをもらうことになっています。
私自身はリスクが残るけどQOLを考えれば内視鏡手術が望ましいと考えています。とは言いながら、実は近藤誠医師が提唱するように放置することも選択肢の一つと思っています。専門家の皆様は近藤誠医師の説をどう思っておられるのでしょうか?(ここで質問するのも変ですが)
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  猫山司 返答済み 3 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


信者はいるけど異端、というのが、平均的な医師の評価だと思います。

本来の主張は「治らないがんは手術せずに『放置』して尊厳をもった死を迎えるべき」といったものだったと思うのですが、本が売れるにつれて仰ることが極端になってきた印象があります。
個人のブログですが、以下の記事が、ちょうど、近藤医師が早期胃がんについてごく最近雑誌に寄稿された近藤医師の記事について、客観的な評価を下していると思います。
http://medicalinsight.hatenablog.com/entry/2013/06/12/233130

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中

がん治療 についての関連する質問