JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO,
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 4055
70092855
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

昨年検診で小さな結節が見つかり一年後検診する所見がてましたので最近大病院の専門甲状腺専門外科医に見て頂きました。甲状

質問者の質問

昨年検診で小さな結節が見つかり一年後検診する所見がてましたので最近大病院の専門甲状腺専門外科医に見て頂きました。甲状腺に9ミリの乳頭ガンがあり声帯上に近いから神経に影響する前に手術を勧められました。症状が全くないのに甲状腺半分と周囲のリンバを切除するようです。このまま見守るのは賢明でないでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


おはようございます。猫山と申します。

甲状腺乳頭がんが進行が遅く、治癒率が高いがんであることは確かですが、がんはがんですから、みつかれば手術で切除(甲状腺の切除術と、頸部のリンパ節の郭清術)するのがなすべき治療ということになります。治癒率が高いというのは、手術治療による治癒率が高いという意味です。
http://www.kuma-h.or.jp/kojyosen/byoki/akusei/nyutogan.html

そもそも甲状腺乳頭がんではよほど進行しなければしこり以外の自覚症状はありません。自覚症状が出た頃には手術が出来ない手遅れの状態になってしまっていることがほとんとです。
http://www.saechika.net/kbk/main1/gan15/KJS-nyuutou1.html

学会が作成・発表している甲状腺がん治療ガイドラインでも、「偶然発見された微小癌に対して,手術を行わずに経過観察する試み」が紹介されてはいますが「非手術経過観察を行う場合には,腫瘍径の増大やリンパ節転移の出現により手術が必要となる可能性はもとより,極めて低い確率ながら遠隔転移の出現や未分化 転化などのリスクが存在し得ることを十分説明し,同意を得る必要がある。そのうえで,年1~2 回の定期的経過観察を確実に継続することが重要である」と説明されています。
http://jsco-cpg.jp/guideline/20_2.html#03-a (CQ20参照)

手術を受けられるのが賢明だと考えますが、ご不安なら他の甲状腺専門医にセカンドオピニオンを受けられてはいかがでしょうか?

以上、ご参考になれば幸いです。

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
拙回答をご一読いただけますと幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
お役に立てなかったようですのでオプトアウト(回答辞退)いたします。

他の専門家とご相談を継続していただけますようよろしくお願いいたします。

お大事になさって下さい。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
回答を試みてみます。
1.5cmより小さい癌の場合はそのために死亡することはありませんが2 から3.9 cm, 4 から 6.9 cm, 7 cmより大きくなるとその死亡率は20年の間に6%, 16%, 50%に増えてきます。また、神経を巻き込むと声帯が麻痺して声を出すことができ無くなります。また、1cmを超えるようになると全ての甲状腺を撮る必要があります。
手術を受けることをお勧めします。

がん治療 についての関連する質問