JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO,
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 4058
70092855
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

がんの手術後のことについて教えていただきたいと思います。 2ヶ月前にラパロスコピーで子宮がんの手術をしました。(外

質問者の質問

がんの手術後のことについて教えていただきたいと思います。
2ヶ月前にラパロスコピーで子宮がんの手術をしました。(外国です)
化学治療もなく、経過は順調です。リンパ浮腫も今のところないのですが、仕事がら飛行機に乗っての旅が多いので、将来が心配です。(気圧の関係で、リンパ浮腫が現れる事がある、と聞きましたので)
飛行機に乗れるのはだいたい手術後どれくらいか、また何時間くらいなら大丈夫なのか、飛行機に乗る際の注意などはあるの か、一般的な事でいいのでおしえていただけませんでしょうか?
また、リンパ浮腫は手術から何年かたったあと、突然現れる事もある、とききましたが日頃の注意として、何か気をつける事はありますか?
また運動を始める際に、(昔から汗をながす、どちらかというとインテンスな運動が好きだったのですが。。)何か気をつける事はありますでしょうか?
私のフィジオテラピーの先生は、インテンスな運動には健康体である人にも、あまりすすめない立場をとっているようなんですね。いろいろな角度からご意見が聞きたいと思います。お手数ですがよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
どのような手術をしましたか。リンパ節をとりましたか。ラパロスコピーであるなら一ヶ月で飛行機に乗ってもかまいません。飛行機に乗ることとリンパ浮腫とは関係がありません。しかし、一般の方と同じように深部静脈血栓を予防するためにずっと座っていることなく機会をみて飛行機内を歩いてください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

回答をいただき、ありがとうございました。


はい、広汎子宮全摘出術でリンパ節もとりました。


一般の方と同じように、ということですが、リンパ節をとったために、よりむくみやすくなるという事はないのでしょうか?


(飛行機にのると、だれでも足が、若干はむくみますよね?)圧迫のソックスをはく事は有効ですか?(医者でもらったものです)


お手数ですが、お返事いただければ幸いです。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
子宮頸癌の手術の後一般の方と比べて下肢のリンパ浮腫を起こす可能性は8倍あります。
リンパ浮腫の予防は次のようです。
1飛行機での旅行:圧迫のストッキングをはいてください。脱水を起こさないように十分に水分をとってください。ずっと座っていることなく機会をみて飛行機内を歩いてください。十分に脚を伸ばすことの出来る座席を飛行機会社にアレンジしてもらってください。
2狭窄を避ける:適切にフィットした靴、靴下、パンテーホースを使用してください。足の指のリングや足首のブレスレットは緩いことを確かめてください。脚をクロスすることを避けてください。ずっと座っていることなく適度に歩いてください。もし、脚がはれるようなら脚を上げてください。
3リンパ液の循環の急激な増加を避ける:段々と運動量を増やしてください。深呼吸はリンパ液の循環を助けます。疲労を避けるために十分に休息の期間をとってください。サウナやホットタブのような過剰な熱さを避けてください。理想的は体重を維持してください。

がん治療 についての関連する質問