JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

肺ガンが再発した74才の妻です(過去に2回手術した)。5月1日に抗ガン剤(数種類)を約5時間にわたって点滴したら、5

解決済みの質問:

肺ガンが再発した74才の妻です(過去に2回手術した)。5月1日に抗ガン剤(数種類)を約5時間にわたって点滴したら、5月6日早朝より言動が奇怪し
くなり、言葉が通じなくなりました。5月7日に主治医と面談し説明を受ける予定ですが、これは
副作用のせいだと思うのですが、元の正常な精神状態に戻るのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医です。サイコオンコロジー(腫瘍精神医学)を学び、他科の医師とチームを組んで、がん患者様のメンタルの問題に取り組んできた経験がございます。

少し補足情報を下さい。

①肺がんの再発とのことですが、脳転移はありませんか?

②数種類の抗がん剤を点滴静注したとのことですが、その薬剤名はおわかりにならないでしょうか。

③癌による痛みに対して麻薬性鎮痛剤は使用されていませんでしたか?

④「言動が奇怪しくなり、言葉が通じなくなりました」とのことですが、もう少し具体的に説明していただけますか? 意味のある言葉を口にするけれども内容はまとまりがないということですか? それとの意味ある言葉自体を発さず、無意味な発音をするということでしょうか? 相談者様が言うことは理解できていなさそうですか?

⑤このような事態が起こりうることを、点滴前に主治医から説明を受けていましたか?

⑥奥様の言動が怪しくなってから、主治医以外に、精神科医の診察や、頭部CT等の検査は行われましたが?

⑦5月5日までは奥様には特に変わった様子は無かったのでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
①ペット検査はしましたが、脳検査はこれからなので脳転移については分かりません。②1日目…(1)ソルデム3A 500ml+500ml (2)生食 100ml アロキシ注 0.75mg デカドロン注 (3)アムリタ注 生理食塩液 100ml (4)シスプラチン注 生理食塩液 (5)ラシックス注 ソルデム3A 500ml (6)ヴィーンD注 (7)5%ブトウ糖 500ml (8)イメンドカプセル 125mg 2日目…(1)ソルデム3A 500ml+500ml (2)ヴィーンD注 (3)イメンドカプセル 80mg (4)デカドロン錠 0.5mg 3日目…2日目と同じ 4日目…デカドロン錠0.5mg ③使用していません。④1日から治療が始まり、5日までは治療前とそれほど変わりありませんでした。しかし、6日の朝から突然、①意味不明の言葉を発する ②家族や孫の識別がつかなくなる  ③「薬」や「寝る」などについて何度も繰り返すようになりました。午後になると、自分の名前や自分が今どこにいるのか分からなくなり、会話が通じなくなりました。夜になると、言葉そのものをうまく発せず、幻覚症状が出ているような様態になりました。⑤一般的な副作用については説明を受けていましたが、精神障害については受けていませんでした。⑥これから受ける予定です。⑦ありませんが食欲がないと、点滴以外はほとんど(食べたいと言ったアイスクリーム、カステラ、ゼリーなど一口程度)口にしませんでした。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.

ご返信・追加情報ありがとうございます。

 

2つの可能性が考えられるかと存じます。

 

1つはせん妄です。

http://merckmanual.jp/mmhe2j/sec06/ch083/ch083b.html

ご高齢で入院しているというだけでせん妄のリスクファクターになりますが、その上ステロイド(デカドロン)の投与を受けていますから、せん妄や抑うつ状態といった精神症状を呈することは十分にありえます。

 

ただ、ひとつ気になるのは「言葉そのものをうまく発せず」というところです。

せん妄は脳の機能的な障害であって、神経細胞の破壊を伴うようなものではないので、失語のような症状は起こりません。

 

そこで考えられるのは、肺がんの脳転移か、シスプラチンによる白質脳症です(シスプラチンには神経毒性があります)。

http://medical.radionikkei.jp/premium/entry-171573.html

これは頭部CT検査を実施してみなければわかりませんが、脳そのものに何らかの変化が生じている可能性があります。

脳転移ならば回復は難しいかもしれませんが、白質脳症ならば、シスプラチンの使用が終了すれば経時的に回復が望めます。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中

がん治療 についての関連する質問