JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: がん治療
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに がん治療 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

大腸癌の術後六カ月で卵巣癌が発見。  既に10センチ大の腫瘍との事。 その間毎月病院に行くも見つからず。 主治医

解決済みの質問:

大腸癌の術後六カ月で卵巣癌が発見。 
既に10センチ大の腫瘍との事。 その間毎月病院に行くも見つからず。
主治医にかなりの不満。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: がん治療
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。猫山と申します。

お腹立ちは理解しますが、もう少し情報をいただけますでしょうか。

①主治医は消化器外科医ということになるのでしょうか? この一件に関してはどのような反応だったでしょう。

②大腸がんはどのように発見されましたか? 大腸ファイバー検査・組織診は受けられたと思うのですが、他に腹部のCTやMRI検査は行われましたか?

③相談者様としては、この問題をどのような方向にもっていかれたいのでしょうか? 主治医からの謝罪があれば溜飲は下がるでしょうか? それとも補償の請求や、訴訟を含めた法的な対処までを考えられていますか?

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
主治医は大腸肛門科の医師です。 
やんわりと、六か月の間わからないものなんですかね?と問い合せたところ、
後ろは振り返らないと言われました。
大腸がんは内視鏡検査で発見されました。
勿論、MRI、腹部CT検査、術後の 病理検査等すべて行っております。
その時点で、転移はどこにもないとのことでした。
ステージはⅢaです(大腸癌)。
卵巣癌は至急手術が必要とのことで、同病院にて既に手配済み。
最大の疑問点は六カ月の間、腹部が痛い等こちらが言ったにも
かかわらず、何もしなかった点。
で、結果的に既に10センチにも卵巣癌大きくなっている点。
です。
宜しくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
見落としの可能性が高いですね。

卵巣腫瘍は大腸がんの転移ではなく、偶発合併なのだとは思いますが、転移を検索する過程で気づいていて然るべきです。
腹部のCT、MRIを撮影していたのであれば、悪性かどうかはともかく、卵巣の腫脹は写っていた筈ですから、それを腹痛の訴えと結び付けて婦人科にコンサルトし、もっと早期に発見できていた可能性はあると思われます。

今は卵巣腫瘍の手術に専心されるべきですが、もし病院側の謝罪を公式に求められたいのであれば、大腸がんの検査時のCTとMRIのコピーは作成してもらい、受け取っておくべきです。
「硬く」いくなら、弁護士を雇い、カルテも含めた「証拠保全」を行い、他の専門家のセカンドオピニオンを得て、主治医の注意義務違反を追及することになります。
どこまでの行動を起こすか考えは決まりきっていないとは存じますが、一応、以下をお示ししておきます。

「医療安全支援センター総合支援事業」。ここはソフトケース中心で、相談者様の場合はあまり多くを期待できないかもしれませんが。
http://www.anzen-shien.jp/way/item01.html

医療訴訟やそれに準じるケースを取り扱う団体としては、
医療消費者ネットワーク MECON
http://www.geocities.jp/meconett/main/link.htm
医療事故調査会
http://www.reference.co.jp/jikocho/
があります。

ただ、どちらに相談する場合でも、本格的なアクションを起こそうと思えば、やはり弁護士を立てる必要がございます。相談者様のケースでも、上述のように、事実関係を確認・評価しようと思えばカルテや検査記録の保全は必須です。
ただ、医療訴訟に強い弁護士をみつけるのは困難です。その場合、
医療事故情報センター
http://www3.ocn.ne.jp/~mmic/
に連絡をとれば弁護士の紹介を受けることができます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名のがん治療カテゴリの専門家が質問受付中

がん治療 についての関連する質問