JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 産婦人科医
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 380
経験:  勤務医
99857541
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

45才離婚歴あり、26.24.22才の3人の子かいます。今はみんな独立しております。

解決済みの質問:

45才離婚歴あり、26.24.22才の3人の子かいます。今はみんな独立しております。
半年前程から49才の離婚歴のある方とお付き合いをさせて頂いているのですが。先日、元奥様より、体調がわるいと連絡があったらしく、病院に行って検査をしたら、子宮頚がんだったそうです。1ヶ月程。生理が止まらなくて、病院に行ったら、子宮頚がんと診断され、現在放射線治療を行っているとの事です。彼はしばらくは元奥様との、お子さん、高校生がいるので、サポートをすると言うことで、奥様、お子さんの所へ戻られています。
と、いう状況で、質問させて頂きます。子宮頚がんは、男性を介して感染するとお話を伺いました。離婚して一年半になるそうです。もし、感染するなら今後自分は、どうなるのでしょうか?対策はありますか?
お付き合いをしてから、年齢も年齢で、妊娠はしないだろうと、コンドームを使用していません。
今後彼とどうしたらいいのか悩んでます。アドバイス宜しくお願いします。
投稿: 24 日 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 24 日 前.

質問ありがとうございます。

子宮頸がんが男性を介して感染するのではなく、子宮頸がんを起こすパピローマウィルスが性交渉を介して感染します。

このヒトパピローマウィルス(HPV)というのは、長い年月をかけて通常の細胞を癌へと変化させていくのですが、HPVはとてもありふれたウイルスで、性交渉の経験がある女性の80%以上が、50歳までに感染を経験するといわれています。

ですから、今回お相手の男性を介して質問者様にHPVが感染した可能性はありますが、それよりずっと以前に既にHPVに感染している可能性もかなり高いです。

性交渉を経験することで、ほとんどの女性がこのHPVに感染してしまうため、性交渉を経験する前の中学生くらいの年代に、HPVに対するワクチンを接種していましたが、今は副作用の疑いがあるということで、勧奨接種が一時中断されています。(海外では、性交渉を始める前の年代にワクチン接種は盛んにおこなわれています。)

ですので、性交渉歴のある女性であれば、このHPVに感染している可能性が高いため、子宮がん検診を2年に1度受けましょう、と必死にPRをしているのですが、なかなか受けてくれる人が少ないのだ現状です。

質問者様も、これを機会に、定期的に子宮がん検診を受けられるようにするといいかと思います。

専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 24 日 前.

HPVの説明について、下記のサイトを参考にされてください。

http://www.know-vpd.jp/vpdlist/hpv.htm

http://www.hanaoka-ladiesclinic.com/cancer/hpv.html

質問者: 返答済み 24 日 前.
12377;みません。返信方法を間違えたみたいです。改めて回答ありがとうございます。
もう少し詳しく説明お願いします。まず、長い時間かけて。って、ヒトパピローマウイルスの潜伏期間というイメージでしょうか?
後、彼の例から、元奥様が子宮頚がんを発病しているのに気づかない時に、性交渉をしてしまって、直近で自分とも性交渉があった場合、ヒトパピローマウイルスの感染力げ強いイメージなのですが、急に感染し、発病する可能性もあるのでしょうか?
子宮頚がんは、完治しますか?また、再発とかもありますか?
サイトを拝見させていただきました。
HPV型検査 
HPV陽性 陰性検査 は産婦人科ならどこでもうけられますか?あまりにも分からない事だらけで、うまく質問できていないかもしれませんが、回答宜しくお願いしますm(__)m
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 24 日 前.

>長い時間かけて。って、ヒトパピローマウイルスの潜伏期間という

→違います。HPVに感染しても、ほとんどの場合は免疫力で自然に排除されます。

排除されない場合持続感染になります。感染しているだけで普通の細胞です。

その後、異形成という、少し正常とは顔つきの違う細胞になります。軽度異形成→中等度異形成→高度異形成→癌とだんだんと細胞異形が高度になっていくわけです。

軽度異型成の細胞が全部癌になるかというとそうではなく、80%以上は、元の普通の細胞に戻ります。

>HPV型検査
HPV陽性 陰性検査

は産婦人科ならどこでもうけられますか?

→基本的にどこの産婦人科でも受けられますが、事前に電話で受けられるか確認してから受診されるほうがいいと思います。

>彼の例から、元奥様が子宮頚がんを発病しているのに気づかない時に、性交渉をしてしまって、直近で自分とも性交渉があった場合、ヒトパピローマウイルスの感染力げ強いイメージなのですが、急に感染し、発病する可能性もあるのでしょうか?

→癌になっている人のHPVウィルスにピンポン感染したからすぐに癌になることはないです。

普通にHPVに感染したのと同じで、HPVは自然に排除されるかもしれないし、持続感染になって最終的に癌になるとしても、その進行速度は普通と同じです。ただ、HPVの中でも16型と18型という種類のウィルスは、癌に進行するまでのスピードが他の型よりも早いので、心配であれば、産婦人科を受診して子宮がん検診を受けられてください。

質問者: 返答済み 24 日 前.
12354;りがとうございます、なんとなくではありますが、子宮頚がんというものが分かってきた感じがします。あと、検診についてですが、今年上旬に子宮ガン検診を受け、異常は見られませんでした。しかし、それは彼と付き合う前です。彼の元奥様が16型18型だったとして、どれくらいの間隔で検診を受けた方がいいのですか?そと都度HPVの型検査と陽性陰性検査も受けた方がいいのでしょうか?
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 24 日 前.

今年上旬でしたら、1年あくくらい、来年上旬に検査を受けられてはいかがでしょうか。

HPV検査については、細胞診の結果、ベセスダ分類上ASC-US (意義不明異型扁平上皮) 以上と判定された患者に対して行った場合は保険で費用が賄われますが、細胞診で異常がでていない場合でHPV検査を希望する際は自費になります。

自費の場合のおおよその費用は下記サイトを参考にされてください。(ただしクリニックにより異なります。)

https://www.shibuya-bunkamuradori-ladies.jp/inspection/hpv

dr-yyamamotoをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 23 日 前.
33394;々ありがとうございます。とても無知な自分が恥ずかしく思います。先日彼に別れ話を持ち出し別れました。不安で不安で仕方なかったんです。少し憎んだりもしました。恥ずかしいです。今は申し訳思います。色んなお話ができて安心しました。ありがとうございます。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問