JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

6月に受けた健康診断で 乳がん検査(エコー)⇒左リンパ節腫大 子宮細胞診⇒II ベセスダNILM陰性

解決済みの質問:

6月に受けた健康診断で
乳がん検査(エコー)⇒左リンパ節腫大
子宮細胞診⇒II ベセスダNILM陰性
と書いてあり、両方ともB判定(日常生活に支障はないが、わずかに異常を認める)でした。
この場合、1年に1回検診を受ければ問題ないのでしょうか。
結果が書いてあるのみで
どう異常か分からず、初めてA判定ではなかったため少し不安です。
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 月 前.

NILM(クラスⅠ、Ⅱ)は正常な細胞のみで1年ごとの定期検診を続けることでいいです。左リンパ節腫大はその腫大が1センチ未満であれば正常です。1センチ以上であれば精密検査を受けた方がいいと思います。

質問者: 返答済み 1 月 前.
12372;返信ありがとうございます。
腫大の大きさについては特に書いてありませんでした。
判定がBだったので精密検査は必要ない大きさだったということなのでしょうか。
検査を受けた病院に聞いた方がいいでしょうか。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 月 前.
そうだと思いますが念のために問い合わせてください。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 月 前.
12354;りがとうございました!

産婦人科・婦人科 についての関連する質問