JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

橋本病を持っておりTSHが低値の場合があります。先日検査した時は正常値に戻っていました。また、インシュリンも少しだけです

解決済みの質問:

橋本病を持っておりTSHが低値の場合があります。先日検査した時は正常値に戻っていました。また、インシュリンも少しだけですが12となっており基準値オーバーです。
このような場合、体外受精の不妊治療でロング法を取る事によるリスクはないでしょうか?
ロング法と、クロミッドとHCG注射による低刺激周期法のどちらがいいか悩んでいます。
病院は今現在通院している大学病院はロング法の選択肢しかなく、低刺激がいいならば病院自体を変えることになるので、ドクターに相談はできない状態です。
医学的見地からアドバイス頂けますと幸いです。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

エラーメッセージについては,表示されている通りにお知らせいただけると助かります。バージョンが異なることはないはずです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20855;体的にどのくらい成功率が高いのがご解説頂けると助かります。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

ロング法はショート法より1.5倍成功率が高いと報告されています。https://www.uptodate.com/contents/in-vitro-fertilization/abstract/79?utdPopup=true

Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問