JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

初めて相談させていただきます。 妊娠初期の血小板減少についてです。 昨日、10週で初期検査の採血を受けてきました。

解決済みの質問:

初めて相談させていただきます。
妊娠初期の血小板減少についてです。
昨日、10週で初期検査の採血を受けてきました。
赤ちゃんの経過は順調とのことでしたが、血小板が若干少なくギリギリ基準値の15万でした。医師からは元々低かったのではないかな、今後も経過をみましょうといわれました。
気になって半年前の職員検診の結果を見ると23万あり、過去もそのぐらいでこの度初めての低下傾向でした。
その他のデータは、ヘモグロビン12・0、他CBCは異常ないとのこと、後は結果まで数日かかると言われました。不育症関係の検査は受けていません。
でも、私は38歳で5ヶ月前10週で稽留流産の手術を受けたばかりです。
もしかしたら抗リン脂質抗体症候群で不育症であれば思うと不安になり、一刻も早く治療をしたいです。
この血小板データは特に気にするほどの値ではないから主治医も不育症の話はされなかったんでしょうか。。
主治医に相談したいのですが、休日夜間であるためこちらにて相談させていただきました。
血小板だけの情報では難しいと思うのですが何かアドバイスがあればお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

抗リン脂質抗体症候群の方の血小板の値は普通10万から14万です。まず大丈夫と思いますが念のためにループス性抗凝固因子、抗カルジオリピン抗体、抗ベータ2糖タンパク質I抗体を血液検査で測ってもらってはどうかと思います。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございます。ギリギリですね。月曜日、採血の追加希望を主治医に伝えて見ます。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

どういたしまして。回答の評価をお願いします。赤ちゃんの順調な成長を祈っています。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12377;みません、もうひとつ気になるのですが、私は過去の血小板は20万代と良好なのにこの度の妊娠で初めて低下傾向だったのですが、それは私は抗リン脂質抗体症候群ではなくただの妊娠中による血小板減少と考えて良いのでしょうか?それとも、妊娠してからたまたま抗リン脂質抗体症候群になったという事もあるのですか?
重ね重ねすみません。
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

15万未満の場合に血小板減少症と定義されています。原因をしては妊娠血小板減少症が最も考えられると思います。他には免疫性血小板減少症が考えられると思います。他にも肝臓の病気でも起こりますがそれは稀です。血小板の推移を経過観察してもらってください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
22922;娠前の値が正常値で今低下している場合は、抗リン脂質抗体症候群は否定的と考えて良いのでしょうか?
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

可能性は低いと思います。

Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12431;かりました。
何度もの質問、ご丁寧に回答ありがとうございました。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問