JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 691
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

2015年12月妻が子宮線肉腫で子宮、卵巣摘出手術、浸潤5mm以下、内膜播種なし。

質問者の質問

2015年12月妻が子宮線肉腫で子宮、卵巣摘出手術、浸潤5mm以下、内膜播種なし。
術後、抗がん剤治療は本人希望でなし。経過観察診療 4月膣内診異常なし 6月CT予定。
6月腹痛あり、CT検査 腹腔に6個腫瘍再発(最大8cm)、腸閉塞のため6/10~入院 現在は改善 6/18ポート挿入、針生検実施、6/21一時帰宅し針生検の結果を踏まえ月末から化学療法の開始予定 予後不良の判断を宣告されている。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

その報告を聞いてとても残念に思います。質問は何でしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20313;命は、およそ6か月と言われています。 延命としての化学療法の余地はどのくらいありますか

産婦人科・婦人科 についての関連する質問