JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4038
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

6月に子宮頸がん検診を受けASC-USと診断されました。他の検査を進められましたが、一時帰国で時間がなく受けることが

質問者の質問

6月に子宮頸がん検診を受けASC-USと診断されました。他の検査を進められましたが、一時帰国で時間がなく受けることができず、10月に現地で子宮頸がん検診を受けましたが、異常無しでした。HPVハイリスクタイプの検査やコルポスコピー検査を受けた方がいいのでしょうか?また、ASU-USと診断されて、正常に戻るということは可能なのでしょうか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.
ASC-USと診断された場合は2つのフォローアップの方法があります。一つはHPVの検査をすることです。それが陰性の場合は3年後に子宮頸がん検診とHPVの検査をします。それが陽性の場合はコルポスコピー検査をします。もう1つの方法は1年後に子宮頸がん検診を受けることです。もし、それが陰性なら従来のように子宮頸がん検診を行います。もし、それがASC-USまたはそれより悪い場合はコルポスコピー検査をします。正常に戻るということは可能です。
来年の6月にもう一度子宮頸がん検診を受けてはどうかと思います。不安ならHPVの検査の検査をしても構いません。
質問者: 返答済み 1 年 前.

現在の状態で、すぐ癌に進行することはないと考えていいのでしょうか?

質問者: 返答済み 1 年 前.

現在の状態で、すぐ癌に進行することはないと考えていいのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 1 年 前.

すぐ癌に進行することはないと考えていいです。

Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問