JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4119
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

4年前に子宮内膜症と診断された45歳1児の母です。 3年前から2年間、ディナゲスト服用 その後、少しおいて、リュ

ユーザー評価:

4年前に子宮内膜症と診断された45歳1児の母です。
3年前から2年間、ディナゲスト服用
その後、少しおいて、リュープリン半年終了
・1ヶ月おきに出血あり
・半年で8キロ増加(少しずつ、まだ増加中)
・倦怠感
・極度の眠気
・ぷよぷよの肉質
・抜け毛
・手の指の関節痛(寝起きが1番酷い)
・むくみ
・ボケっと、やる気が出ない
等々
今後の治療で、ICUをすすめられている。
1番辛いのは、体重増加です。
腹筋しても、全く筋肉にならない。
食事の量は、減っているのに体重増加。
これ以上、太り続けるのなら、治療を止めたいです。
その他、気になることがあります。
父78歳が7年前、橋本病と診断を受けています。
調べてみると、内膜症との関係があると見たことがあります。
甲状腺の検査は3年前は特に問題なかったのですが、最近、症状が橋本病と似ている気がしてきました。
もし、子宮せんきんしょうと橋本病がある場合、どちらの治療を優先したほうがいいのでしょうか?
ICUとは何ですか。
身長と体重を教えてください。
他の人と比べて寒さに順応することが苦手ですか。
病気がありますか。
手術をしたことがありますか。
市販の薬を含めて他に何か薬を使用、服用していますか。
家系に病気の方がいますか。
リュープリンに加えて副作用を軽減するために追加バック療法をしてはどうですか。
質問者: 返答済み 2 年 前.
ありがとうございます。ICU、失礼致しました。IUSの間違えです。155センチ、60キロ。
出産前は46キロ程。産後50キロ弱程度でした。子宮内膜症治療開始(ディナゲスト)半年で8キロ増加。
むくみ防止で、ツムラ17番を処方してもらっていましたが、あまり効果ありませんでした。
今年4月に子宮腺筋症と診断。リュープリン6回、ワンクール終了したので、今後の治療方法をIUSをすすめられているのです。手術経験無し。
出産時、普通分娩、出血多量、膀胱脱。妊娠中の腸閉塞。
8年前、股関節(脚の付け根)の激痛でMRIを撮ったが原因不明。
6年前頃から、生理の多量出血、激痛、排便痛。
4年前、貧血が酷く、一日置きに注射に通う。現在は生理を止めているので安定している。ずっと、手足の冷えは酷い方だったが、内膜症の治療を始めてからは特に気にならなくなった。
ここ、1.2年は手足が暖かくなった。家系の病気➡️父 橋本病体重増加、手のむくみや関節の痛み、抜け毛、倦怠感、激しい眠気等々
診ていただいている婦人科の先生は、リュープリンからの副作用で、更年期症状であると言っています。
この様な副作用が不快なら、IUSをすすめると言っています。治療しなくてはいけない病なんですよね?
副作用がこのまま続くのが、とても辛いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.
すみません、追加バック療法って何でしょう?
副作用を軽減するために追加バック療法としてプロゲステロンまたはエストロゲンとプロゲステロンを投与することもできます。リュープリンで症状が軽快したらその内膜症が増加しないようにIUSでいいともいます。
治療をしなければ最悪の自体は骨盤内が内膜症で覆われ、膀胱や腸にも症状を起こすことになります。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問